【技術書典】応募から展示準備までやった事 全まとめ

techbookfest

https://twitter.com/cg_method/status/1110537674920624128

技術書典はIT技術書だらけの同人誌即売会です。

こういったイベント自体に初じめて出店するので記録として書いておきます。

技術書典の応募について

技術書典の歴史

  • 2017/06/25:技術書典1
  • 2017/04/09:技術書典2
  • 2017/10/22:技術書典3
  • 2018/04/22:技術書典4
  • 2018/10/08:技術書典5
  • 2018/04/14:技術書典6

年2回開催されています。

参加料金

一般は7000円

スケジュール

01/06: 応募開始日
01/31: 応募終了日 ※印刷用サークルカット締切日
02/05: 当落通知日
02/20: 配置決定
03/14: 会場情報のご連絡
03/17: 一般参加者向けウェブサイト オープン
03/31: サークル通行書発行
04/14: イベント当日

注意点

  • 知らなかったのですが、当選をまってからだと遅かったです!応募締切までに印刷用のサークルカットもアップロードすること!
  • 応募締切後のサークル情報は変更できません変更できるのは「タグ」「ジャンル詳細」「紹介用WEBサイトのみ」

応募後の追加入力

  • マイページから変更・追記
  • 編集ページから「技術書典かんたん後払い 支払い方法」を入力
  • 頒布物情報ページから「書籍に関する情報」を随時追加
  • 頒布物情報ページから「ユーザーダウンロード用データをアップロードする」を押して、電子版をアップロードする(後払い決済で電子書籍を渡せる)
  • サークル通行書から、「使用ユーザーの割当」(先にユーザー登録してもらわないと通行書が発行できません
  • マイページから被チェックの確認(ブックマーク数、部数印刷の目安になるそうです。)
  • 公開ページ
    https://techbookfest.org/event/tbf06/circle/44420003

技術書典の書籍の搬入方法

宅配

  • クロネコヤマトを利用する
  • 荷物側面に識別票を印刷し貼り付ける
  • 代金は元払いする
  • イベント開催日当日に指定。時間指定無しとする(事務処理の都合)

箱数の計算

箱数自動計算ツールで計算してみました。

  • A4 100P 100冊で1箱でした。(ギリギリです)

実際に使った印刷所

ギリギリまで制作しないと間に合わなかったので、公式推奨の(有)ねこのしっぽさんにお願いしました。

4/9 昼入稿でギリギリでした。

「対応が親切」+「しっかりデータチェック」+「料金が安い」+「当日席まで搬入」と良いこと尽くめだったので、またお願いしたいです。

展示のために準備したもの

展示すること自体はじめてで、いろいろ調べて必要そうなものを用意しました。

引用:売上アップに繋げよう! 注目されるサークルスペースレイアウトの作り方

必要度が高いもの

キャッシュケース+コイントレー

お金を取り扱うので、キャッシュケースを用意しました。ナカバヤシのが安いです。

created by Rinker
ナカバヤシ(Nakabayashi)
¥959 (2019/10/13 12:38:35時点 Amazon調べ-詳細)

一応コイントレーも用意

created by Rinker
コクヨ(KOKUYO)
¥380 (2019/10/13 12:38:35時点 Amazon調べ-詳細)

※両替用のお札や小銭の用意も忘れずに!

カードスタンド

100均で購入「値札用」と「かんたん後払いのQRコード用」と2種類を用意。

サークルべんりカードというものが配布されて、そこにQRコードがあるので必要ないです。
https://blog.techbookfest.org/2019/04/03/hagaki/

※サークルべんりカード用のスタンドがあれば◎

ポスター(ポップ)

PDFデータを用意して、コンビニかキンコーズなどで印刷

今回ファミマで、ポスタープリント(240円)してみました。組み立て必要ですが、安いです。

ポスター立て

展示にはポスターがあったほうが、良いとのことで購入。

ポスター入れ

ポスターを運ぶのにどうやっても入れものが必要そうだったので用意。ステッドラーを選んだのは完全に見た目で購入

created by Rinker
ステッドラー
¥1,589 (2019/10/13 18:56:09時点 Amazon調べ-詳細)

電子書籍用ダウンロードカード

100部しか印刷しないので、仮に売り切れたように一応電子書籍用のダウンロードカードも用意しました。

下記のツイートを参考

今回からかんたん後払い用のコンテンツアップというサービスが開始されていて、

後払い決済後、電子書籍版をダウンロードできるようになりました。

https://blog.techbookfest.org/2019/04/12/tbf06-short-notice/

絶対必要ではないけど用意したもの

展示用PC+大容量バッテリー+タブレットスタンド

せっかくFaceRigでモデルを作成したので、ノートPCで見せられるようにしました。

一日持続できるように大容量バッテリーと角度調節できるスタンドも用意。

【FaceRig】縦画面フルスクリーンで長時間展示する方法

名刺+カードスタンドホルダー

ホワイト特殊印刷(黒紙に白で印刷)で名刺を作りました。100枚限定です!

カードスタンドは100均で購入。

見本誌用クリアカバー

見本とわかりやすいようにクリアカバーを用意。

アニメイトでもよく売っているやつです。

created by Rinker
コンサイス
¥384 (2019/10/14 11:43:49時点 Amazon調べ-詳細)

サークル布

せっかくなのでオリジナルのものを作りました。

【canvath】オリジナルのサークル布の作り方

利便性でいうと市販のポケット付きのほうがよいかもしれません。

サークル用パーカー

イベントってどうしてもTシャツとか作りたくなりますよね。作ってしまいました。。。

【SUZURI】画像だけでOK!オリジナルのパーカーの作り方

まとめ

いろいろはじめてなので、展示が終わったら加筆する予定です。

お金はかかるのですが、準備も楽しいですね!

反省会(随時更新)

  • 値札もちゃんとデザインすればよかった。
  • 机の前方にPOPを貼ればよかったし、ちゃんと販促用のPOPも用意すればよかった
  • ポスターもちゃんとコンビニではなく、ちゃんと印刷すればよかった。(A3だと少し小さいのでA2)
  • 席の後ろに高さのあるポスターがあると人混みでもなんのサークルかわかりやすい。
  • Live2Dデモはカメラの高さやマスクしている人などデモ自体が難しかった。
  • 訴求用動画があると良い
  • ブースに段差を作って、本を立てかけると見やすい
  • 可愛い女の子の絵のほうが売れそう…
  • 前日はちゃんと寝ること!
  • 撤収後は次の日の仕事に支障がないように速やかに帰宅。打ち上げは後日