【Blog】リライト自動判定ツールの作成

rewrite-judgment-tool

有償のリライト自動判定ツールがツイッターで話題になっていて、

簡単なものなら10分位で自作できそうと思ったので試してみました。

スポンサーリンク

引用

「リライト自動判定ツール」を作ってもらった!3000円だからみんなも使ったほうがいいよ
ネットで一部話題になっていた「GoogleスプレッドシートにSearch Consoleからのデータを自動出力し、リライトが必要な記事を抽出する」という方法。こういうところの自動化ってたしかに便利そう…
スポンサーリンク

Serch Analytics for Sheetsの導入方法

  • 適当なスプレッドシートを作成

  • アドオン>アドオン取得からSerch Analytics for Sheetsで検索してインストール

  • アドオン>Serch Analytics for Sheets>Open Sidebarを選択し、サイドバーを展開

  • 下記のように設定し、「ENABLE BACKUP」

  • Verified Site 調べたいサイトを選択

  • Group By 「Query」「Page」を選択

  • Rows returned 「1000 rows」を選択

  • Run a backp cycle right awayにチェック

これで指定したサイトのSearch Consoleのデータ(Query(検索条件),Page(URL),Clicks(クリック数),Impressions(表示回数),CTR,Position(順位))がスプレッドシートに書き込まれます。

スポンサーリンク

リライト判定の分析方法

  • 右に列を2つ挿入(G,H)

  • G列=IF(AND(E2<=20%,F2>=3),"タイトル変更","")、H列=IF(AND(E3>=10%,F3<=5),"コンテンツ追加","")それぞれの列のセルに数式をコピペ

G列:タイトル変更(CTR条件20%以下 検索順位条件3以上)検索順位は高いけどクリックされる率が低い。

H列:コンテンツ追加(CTR条件10%以上 検索順位条件5以下)クリックされる率は高いが、検索順位が低い。

のような感じでSerch Analytics for Sheetsで得た情報を条件をつけて抽出すればOK

スポンサーリンク

まとめ

要するにSearch Consoleのデータをスプレッドシートで取得して、適当に条件つけてみただけになります。

リライトするいいきっかけになりそうなので、いくつかリライトして効果を検証してみたいと思っています。

コメント