Reflector

【Reflector】携帯の画面をPCに表示してゲーム実況する方法

reflector-game-commentary

ゲーム実況やるために、Reflectorを導入してみました。

約15ドル(1700円程度)で購入できてAndroidとiOSの携帯をPCに表示できるソフトです。

Reflector3の導入

7日間(ウォーターマーク)入りで試用できます。

ここからダウンロードできます。http://www.airsquirrels.com/reflector/

基本的な使い方

  • ソフトをインストールして起動。

  • iOSだったら画面ミラーリング、androidならキャスト(※androidは端末によって名称が違います)

以上です。表示させるだけなら簡単です。

詳細設定は上記の通り、パスワードなし、フレームなしで使用しています。

うまく表示されない場合

  • 基本的に携帯端末とPCは回線を使う必要があるので、ルーター等に特殊な設定をしている場合はブリッジモードにする等の設定が必要になります。

有線で接続する場合

WIFI回線が遅い等で有線で接続したい場合

  • まず最新のiTunesをインストール・更新して起動
  • できれば純正のLightningケーブルでPC接続
  • USB刺した後に「このパソコンを信頼しますか」で「はい」を押す
  • Reflectorの設定をローカル接続有線に。

これで携帯端末のWIFI接続を切断しても表示されていればOKです。

OBSの設定

端末を映すだけなら簡単ですが、他の機材とのつなぎ込み(音周り)が少し苦戦しました。

マイクの音設定

声を変換する場合、恋声またはREAPERの出力先は仮想のyamaha NETDUETTO Driver(WDM)なので、OBSも同様にしてやります。

設定したら声を出してみて、OBSの音量ゲージが変化すればOK

ちなみにマイクにはフィルタで「ノイズゲート」と「ノイズ抑制」をつけてやるとクリアに聞こえます。

メモ

* 恋声 ▶ 声変換のクオリティは素晴らしいが長時間立つと品質が悪くなり最悪ソフトが動かなくなります。

* REAPER ▶ ソフトの品質は高いが、恋声より声変換のクオリティは劣る

Reflectorの音設定

ヘッドホンに繋いで音を聞きたいので、ヘッドホンの音(2- High Definition Audioデバイスとか)を選択します。

携帯端末の音量をあげて、OBSの音量ゲージが変化すればOK

最後にマイクとゲームの音のバランスを整えます

メモ

* ここにはフィルタで「ノイズゲート」と「ノイズ抑制」はつけないこと!ゲームのBGMがカットされてしまいます!!

* 「携帯端末の音量をかなりあげないと聞こえない時」があります。(ちなみにYouTubeを再生しても別の音量になるので、できるだけゲームで音量を確認!)

画面の設定

画面キャプチャでReflectorの表示エリアを囲う。Altドラッグでトリミング等して調整するだけです。

本当はウインドウキャプチャかゲームキャプチャで画面を撮れれば、軽量で良いのですが方法わからず

※FaceRig設定等のやり方は割愛します。

最終的には下記のような感じになりました。

まとめ

  • 音の設定はハマると時間がかかりますが、一度把握していくと今後はつまづきにくくなります。

  • ゲームをするときはカメラに向かって!あとマイクはスタンド型より、ヘッドマウント型をおすすめします。

※頭を激しく動かしてもOK。口元も隠れないのでFaceRigにも向いています!

  • タップポイントを取りたい場合は、iPhoneだと画面録画して後から合成が一番簡単です。
Mayaの参考紹介

参考記事

  • Mayaに関連するまとめ記事23選!
  • 参考書籍

    キャラモデリングの書籍です。

    背景を作成する時に一読すべき書籍です。

    リグを組む時に一読すべき書籍です。

    ABOUT ME
    すいみん
    東京在住。デザイナー寄りのテクニカルデザイナー。 ブログは技術検証の備忘録として書いています。