自作ツール&スクリプト

【Photoshop】ペンタブの筆圧感知が無効の時の解決方法

photoshop-pen-pressure-sensing

すいみん
こちらのCGメソッドの記事ではPhotoshopのペンタブの筆圧感知が効かない時の直し方を紹介します!いつのまにかPhotoshopのブラシの筆圧が効かなくなっていた時に見直しましょう!
すいみん
ちなみに原因を先に書きますと、ワコムのペンタブの設定で波紋がでる設定(デジタルインク機能)があるのですが、それを「無効」にしていたため筆圧感知できなくなってしまいます。
今回の方法は今回の設定は波紋を「無効」にしつつ、筆圧感知できる設定になります。

ペンタブの筆圧感知がしない現象

ブラシ>シェイプ>コントロール筆圧の数字をいれると通常、筆圧を感知してブラシの強弱がつけることができます。
しかしいつの間にかPhotoshopで筆圧感知しなくなってるなんてことがままあります。

筆圧のパラメーターを見ると「!」マークがついていて「筆圧による制御を行うには、筆圧感知タブレットが必要です。」と表示されています場合はPhotoshopの設定がおかしい可能性が高いです。

ペンタブの筆圧感知がしない時の解決方法

  1. まず下記のフォルダを開きます。(※ユーザー名とバージョンは各自で)
    C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Photoshop CC 2017\Adobe Photoshop CC 2017 Settings
    
  2. 1の場所にメモ帳を作成して、下記のファイル名とテキスト内容で保存します。

    ファイル名

    PSUserConfig.txt
    

    テキストの内容

    # Use WinTab UseSystemStylus 0
    
  3. Photoshopを再起動します。ブラシの設定をみると「!」マークがはずれ、筆圧が感知できるようになっています。

ペンタブの筆圧感知しないそもそもの原因

ワコムのペンタブの設定で波紋がでる設定(デジタルインク機能)があるのですが、それを「無効」にしていたため筆圧感知できなかったようです。

波紋でるのがどうしても好きではないので、今回の設定は波紋を「無効」にしつつ、筆圧感知できる設定になります。

参考 タブレットの設定についてadobe.com