Mini Magics

【MiniMagics】3Dプリントでエラー検証の通る3Dモデルの作成方法

minimagics-error-check

DMM.makeで3Dプリントを頼まれたので、3Dプリント用のモデルの検証しました。

MiniMagicsのインストール

3Dプリント用のモデルはMiniMagicsでエラー検証をして通過するものを推奨しているので、インストールする

無料ですが、アカウント申請のためメアドなど登録する必要あり。

検証用モデル

f:id:min0124:20180323235820p:plain

  • MAYA LT2018でプリミティブを並べてぶっ刺したモデルを作成

.OBJ→.STLへのコンバート方法

  • MAYA LT2018でOBJで出力

  • MeshLabをインストールして、OBJを読み込み

f:id:min0124:20180324000438p:plain

  • File>Export Meshから.STLで出力

MiniMagicsでのエラー検証方法

f:id:min0124:20180324000326p:plain

  • パーツ>開くからSTLを選択

  • エラー検証ボタンを選択

一体成型でないモデルの場合

f:id:min0124:20180324000906p:plain

4オブジェクトのぶっ刺さりがあるので、シェル 4と表示される。

解消方法

f:id:min0124:20180324001155p:plain

MayaのBooleansですべてのオブジェクトを結合。

f:id:min0124:20180324001103p:plain

MiniMagicsでチェックするとシェルが1になり、一体成型(ソリッドモデル)という判定でエラー無しに

f:id:min0124:20180324001453p:plain

※ちなみに.STLに変換すると、多角形でOBJ出力しても、ちゃんと三角形にモデルが修正されています。

法線が裏返っているモデルがある場合

f:id:min0124:20180324001748p:plain

円錐部分の法線を裏返しに。

f:id:min0124:20180324001003p:plain

円錐は20面、40エッジあるので、反転三角20、バッドエッジ40という結果に。

法線の向きを揃えることも大事(基本)

DMM.makeの3Dプリントでアップロード

f:id:min0124:20180324001854p:plain

2回目のアップロードで無事成功。

※1回めの失敗はサイズが小さすぎたから

1cm → 6cmに修正してチェック通過。

まとめ

  • モデルのサイズは適切か?

  • 法線の向きはすべてあっているか?

  • モデルが一体成型か?

この3つを満たしているのと、1次の機械チェックは通過しました。

上記に加えて

モデルに細すぎない箇所がないか?

という点も重要です。

感想

もし複数オブジェクトで構成されている3Dモデルを一体成型に修正するのは大変なので、

なにかいい方法を考える必要がありそうです。

ABOUT ME
すいみん
名前:すいみん 東京在住のデザイナー DTP・映像・3D・プログラミングまで、 なんでも自分で試して作ることが好きです。 ブログはその備忘録です。