FaceRig

【Live2D】FacaRigでひと手間加えてクオリティアップする方法

live2d-facerig-quality-up

こちらは VTuber Tech #1 Advent Calendar 2018 9日目の記事です。

2018年はVTuberに夢中でついには自分でもVTuberになってYouTubeの動画を作成してしまいました…VTuber 睡井眠子

今回は土日の2日間で作ったLive2D+FacaRigベースのVTuber「眠井眠子」を、ひと手間加えてクオリティアップする方法を紹介します。

※土日で作成した時のメイキング記事です↓
【Live2D】土日でバーチャルYouTuberを作成する方法

はじめに

繰り返しますが、今回はLive2Dを触ったことがある人なら誰でもできるひと手間加えてのクオリティアップ方法になります。しかもLive2D+FacaRigベースでの話です。

どうイラスト素材を綺麗に描くか、Live2Dのアートメッシュやパラメーター、形状を綺麗に作るかといった根本のクオリティは、仕事などを通して数をこなし長い時間をかけて経験と工夫から身につけるものだと思います。

その部分はひと手間加える程度では簡単に実現できないので、数をこなすしかないですね!次にモデルを作る時は時間をかけてその部分のメイキングを書いてみたいです。

記述について補足

キャラ名はneko(睡井眠子)としています。

体のひと手間

髪揺れ

FaceRigの空間に風を起こして、じっとしていても髪揺れするようにします。記述を足すだけなので簡単です。

  1. Live2Dモデリングにて、髪が左右で揺れるパラメーターを作成しておきます。
・前髪(PARAM_HAIR_FRONT)範囲(-1~1)
・横髪(PARAM_HAIR_SIDE)範囲(-1~1)
・後髪(PARAM_HAIR_BACK)範囲(-1~1)

  1. FaceRigのcc_キャラ名.cfg(C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Mod\VP\PC_Common\Objects\キャラ名フォルダの中)に物理演算の設定ができるので、コードを追記します。
cubism30_set_gravity neko 0 -1
cubism30_enable_wind neko true
cubism30_set_wind_optons neko 0 0 0
・重力設定:cubism30_set_gravity 左右 上下
・風のON/OFF:cubism30_enable_wind true/false
・風の向きと強さの設定:cubism30_set_wind_optons 左右 上下 強度(0~6まで)

体と顔の連動

顔を傾けると体も動くようにします。

顔の角度X。パラメーターに体の回転X・Yの動きを移植します。キーをコピペするだけなので簡単です。

・角度X(PARAM_ANGLE_X)範囲(-30~30)
・角度Y(PARAM_ANGLE_Y)範囲(-30~30)

・体の回転X(PARAM_BODY_ANGLE_X)範囲(-10~10)
※FaceRigではマウス操作する(Alt押しながら左右に左ドラッグ)パラメーター
・体の回転Y(PARAM_BODY_ANGLE_Y)
※FaceRigでは適応されないパラメーター

※本来手付のアニメーションをつける時は、体と顔のアニメーションは同時には動くことはないのでずらします。今回は同時には動いてしまいますがFaceRig上で動きの強調を重視した設定にしました。

目の表現のひと手間

瞳のハイライトのアイドリング

呼吸(体の上下)に加えて、瞳のハイライトを微妙に動かします。

・呼吸 (PARAM_BREATH)範囲(0~1)
・ハイライト(PARAM_HIGHLIGHT)範囲(0~1)

  1. 作成方法はハイライト(PARAM_HIGHLIGHT)のパラメータを作成して、アニメーターでキーを作成(idle.motion3.json)

  2. FaceRigのキャラフォルダにmotionsという命名のフォルダを作成して先程のjsonを格納

  3. cc_キャラ名.cfg(C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Mod\VP\PC_Common\Objects\キャラ名フォルダの中)に下記のコードを追記

set_idle_anim neko 'idle'

以上で、体に加えて瞳もアイドリングできるようになります。

眉の連動

目の開閉に眉の上下を加えます

・左目開閉(PARAM_EYE_L_OPEN)範囲(0~1)
・右目開閉(PARAM_EYE_R_OPEN)範囲(0~1)

瞼の開閉に合わせて皮膚が動き眉も動く表現を足すことでリアルさが増します。

眼球運動

目玉X・Yの動きに合わせて目の上下のまつげを動かします。

・目玉X(PARAM_EYE_BALL_X)範囲(-1~1)
・目玉Y(PARAM_EYE_BALL_Y)範囲(-1~1)

ここは東雲めぐちゃんの目の動きをリファレンスとしました。
※見えづらいですが、ピンク描いた線画デフォルト位置のアタリになってます。

「AniCast! 東雲めぐちゃんの魔法ができるまで」

ここも瞼の開閉に合わせてまわりの皮膚が動きも動く表現を足すことでリアルさが増します。

眼球形状

眼球が上下左右に動くときにすこしだけパースをつけて、球体状の奥に回り込んでいる感じをつけるとリアルさが増します。※大きい目のキャラには向いてないです。

* 目玉X(PARAM_EYE_BALL_X)範囲(-1~1)
* 目玉Y(PARAM_EYE_BALL_Y)範囲(-1~1)

※今回はほんの少しだけパースをつけました。あんまりつけすぎると気持ち悪くなるのと、そもそもFaceRigではそこまで眼球を動かすことができないです。

口の表現のひと手間

あういえおの形状

・口開閉(PARAM_MOUTH_OPEN_Y)範囲(0~1)**「0,0.3,0.6,1」の4点にキーを打つ**
・口変形(PARAM_MOUTH_FORM)範囲(-1~1)**「-1,0,1」の3点にキーを打つ**

あいうえおの形状の目安位置です。

※キーの位置ぴったりにはあいうえおは当てはまりません!

個人差やその時の体調など口の開き具合によってブレンドされる位置が変化するので、安定する場所を探してひたすら調節するしかないです。

Live2D動画においては口の変化はかなり視線を集める要素なので、「あいうえお」がちゃんと開閉されているだけでクオリティは格段に上がります。

※画像の青文字の「FaceRigで使用しない領域」は音声では認識するようです。(画像キャプチャでは使用されない)

あごの連動

口の開閉具合に合わせて顔(あご付近)も下げます。

・口開閉(PARAM_MOUTH_OPEN_Y)範囲(0~1)

口の開閉に合わせてあごが動きも動く表現を足すことでリアルさが増します。あまりやりすぎると気になるので、気持ち動くくらいで良いと思います。

顔の表現のひと手間

表情の連動

表情に関してはこちらの記事を参考にしてください。

ただキーボードで表示をON/OFFするのでリアルタイムの表現で使うには、まだまだ使い勝手が良くないです。

※あと基本ですが目と口の開閉の作りはクリッピングマスクを使って置くと顔のグラデーションが入れやすいです。※クリッピングマスクのない大昔の2系前半の時代の肌色で隠すやり方は非推奨。

まとめ

VTUBERは動画にする分、常に動いている部分があると絵面が退屈しなくなりますので、Live2Dのテンプレートに当てはめただけのモデルからひと手間加えてクオリティアップしましょう!

ちなみにモデルは下記からダウンロードできます!(有料)

BOOTH
2次マ

今後もVTuberに関する記事を淡々ときまぐれですが書いていくつもりです。

明日はようてん (@youten_redo)さんです!

バーチャルYouTuberの参考紹介

参考記事

 

おすすめ機材

マイクはいろいろ試して、これが一番おすすめです。
東雲めぐちゃんの収録で使われている機材です。
声だけ音声を拾ってくれます。最大の特徴は頭を動かしても、位置が変わらないので音が撮りやすく、ヘッドマウントディスプレイをつけたままでも装着可なところです。

FaceRigなどでVTuberやるなら、リープモーションもつけて手を動かすとより表現が増すのでおすすめです。

本気でバ美肉するなら手に入れたい機材です。
声を変換にできるだけでなく、ハードウェアなので音ズレなくリアルタイムに声を反映できます。

ABOUT ME
すいみん
東京在住。デザイナー寄りのテクニカルデザイナー。 ブログは技術検証の備忘録として書いています。