【Live2D】FaceRig用のLive2Dの作り方1[イラスト・素材分け編]

live2d-facerig-making-01

技術書典6に当選して、せっかくなので宣伝用に1体メイキングをブログでも載せてみよう!ということで書きました。

今回は効率よく作ることに重点をおいています。

他の2体は技術書典で本にて、別のアプローチで内容を書く予定なのでお楽しみに。

今回はイラスト・素材分け編の記事になります。

イラスト作成について

モチーフについて

今回は2018年に流行した(2017年からすでに話題でしたが)ヒプノシスマイク(略してヒプマイ)というIPの

麻天狼(まてんろう)というシンジュク(新宿)ディビジョンの代表チームの神宮寺 寂雷(じんぐうじ じゃくらい)MC NAMEはill-DOC(イルドック)を描きました。

なんでこのモチーフを選んだかは色々、紆余曲折がありまして…まあ、いろいろチャンレンジということで。

ちなみにイラストの制作時間は6時間程度です。(2月の3連休で3キャラだいたい描きました…)

### イラストの参考資料

人気のIPキャラはだいたいLive2D化されてしまっている気がするのですが、ヒプマイのLive2Dはなぜかまだ少ないです。

その原因の一つは、公式イラストが2種類+α程度しかないということも原因に挙げられる気がします。

  • 公式イラスト → だいたい1キャラ2枚しか存在せず。わからないところは想像で補う

  • フェイスパック → 用途が…? でもLive2Dイラスト書くには貴重な資料

イラストで使用したソフトについて

SAI2とかCLIP STUDIOが主流だと思いますが、両のソフト、ほとんど使用した経験もなく慣れていません。(線は綺麗に引けるメリットはあるのですが)

また結局Photoshopで書き出し処理をすることもあって、今回は慣れていて、全て完結できるPhotoshopを選択しました。

ドキュメントサイズについて

描くサイズはw2048 x h2560にしました。

  • FaceRigで使う場合、最大でもフルHD(w1920 x h1080px)

  • 基本、等倍ではつかわない。バストアップで使う(42%縮小サイズ)

ちなみに等倍だとフルHDの縦画面に顔が収まる(100%サイズ)

  • イラストであれば8K(8192 x 8192px)とか高解像で描くべきだと思いますが、テクスチャを軽くするため、2K(2048 x 2048px)1枚程度に収まりそうな解像度のサイズに

  • 高解像度はPCのスペックを要求され時間がかかりそうなので、適切なサイズにした。

等が理由です。

ブラシ設定

線は硬めのブラシ(3px)のみです。

レイヤーの設定

せっかくPhotoshopを使っているので、塗りつぶし+マスクで描いています。

  • 色が変更しやすい

  • 白黒だけで描ける

などのメリットがあります。

ちなみにマスクを黒くしたいときは反転するすることをおすすめします。(Shif+i)

【Photoshop】マスクは塗りつぶしではなく反転!ベタ塗り+マスクで線を描く時の注意点

レイヤー構成

アートメッシュにしたいオブジェクト単位でグループでまとめます。

レイヤーの構成はアニメを意識してベース色(通常色)に影を足して、ハイライトをのせるシンプルな構成です。

さらにイラストっぽく仕上げる、背景なじませや光源を効果(調整レイヤー)を重ねます(今回は入れてません。※時間があったら最後に加えたい)

構成例:

後ろ髪(グループ)
 L線画
 Lハイライト
  L2号影
   L1号影
    L通常色

グループの構成

基本ですが、表示順にレイヤーを重ねます。

その他

  • 閉じ目の参考も用意したほうがあとあと楽です。

  • 反転コピーのスクリプトがあると確認が楽です。

https://www.cg-method.com/?p=2131

Live2Dインポート用に書き出し

書き出しは公式のスクリプトを改造したものをつかっています!便利なのでおすすめです。

【Live2D】公式のPhotoshop書き出しスクリプトを便利にする方法

メイキング続き

「イラスト配置からテンプレートの適用までの作業について」は下記の記事にて!

【Live2D】FaceRig用のLive2Dの作り方2[テンプレートの適用まで]