iOS

【iOS】iPhoneが勝手に動く!ゴーストタッチの直し方

ios-goast-touch

今年からずっと悩まされていた端末(iPhone6 Plus)が勝手に動くゴーストタッチの原因がわかってきたので、そのメモ。

現象

端末が勝手に動くゴーストタッチ。

酷い時は、文字がまともに打てないので、再起動後のパスコード入力すらままならず。

まずはメモ帳アプリを開いて、鉛筆アイコンを押して、端末をしばらく置いてみました。

f:id:min0124:20180311213239p:plain

中央部分に、ずずずとペイントされていきます。

具現化してみると、確かにこれはまともに操作できません。

解決方法模索

ゴーストタッチは「ディスプレイの不具合」「ソフトウェアの不具合」「端末の不具合」の3種類が主な原因らしいのです。

  • まずディスプレイはシートも綺麗に貼ってあり、また手帳型のケースなので、液晶はまったく無傷で問題なし
  • システムも設定をリセットしたにもかかわらず、まったく直らす。

ということで、端末の不具合に絞られました。

原因

  • WIFIの接続先を変えると、たまにゴーストタッチが収まったりしたので、電波が原因?
  • または大量にアプリの更新をしたあと、ひどくなったので、熱による充電池が原因?

といろいろ疑ったのですが、

最終的に行き着いたのがUSB 急速充電器+安物のケーブルの組み合わせでした。

こちらで充電していくとゴーストタッチが徐々に発生していきました。

特に長時間順電した後はゴーストタッチが酷い!

ゴーストタッチを抑える方法

なんの根拠もないのですが、いままでの経験上

自端末ではWi-FiのON-OFF等、できれば切り替えをすると直る確率が高いです。

まとめ

純正、または品質の高いケーブルや充電器をおすすめします。

安定した充電を保つことで、ゴーストタッチに悩まされなくなりました。

追記(2018/4)

パスコードが入力できないくらい酷いゴーストタッチになってしまったので、iPhoneを初期化。

それでも全然直らないので、液晶パネルを交換しましたら、完治しました。

液晶パネル購入

https://amzn.to/2OJ742w

 

交換方法は下記を参考にしました。

交換時役に立ったのは

  • 手元を照らすライト

  • パーツをはずす時にマイナスドライバー

  • しっかりひっかかるドライバー

でした。幸い無印のドライバーセットがあったのでそれでしっかり修理できました。

かかった時間ははじめてなので2時間弱。

ただ、かなり費用も抑えられますし、

自分で修理できるということは壊れたときの選択肢が増えるので、自信になります。

ABOUT ME
すいみん
名前:すいみん 東京在住のデザイナー DTP・映像・3D・プログラミングまで、 なんでも自分で試して作ることが好きです。 ブログはその備忘録です。