PC

【PC】自作PCの組み立て方法と環境設定について

home-built-pc

CPU、メモリ、マザーボードを一新しました。その備忘録です。

きっかけは、PC起動してすぐフリーズ、何回も試してようやく起動できる状態でした。

もういろいろ探ってみて原因はマザーボードかなと。

CPU・マザーボードは2008年の物で、もう10年近く立っていたのでよく持った方でした。

前回のは組み立ててもらったのですが、今回は初めての自作PCにチャレンジしました!

PC構成

組み立て方

心構え

  • 要ドライバー

  • 屈んで作業するので、腰を痛めます、注意

  • それなりにスペース作らないと置く場所が無くなります

CPU

f:id:min0124:20171217181245p:plain

レバーを上げて、CPUを入れる。△マークではめる位置がわかります

f:id:min0124:20171217181910p:plain

付属のCPUクラーをつけます。下部はグリスが塗ってあるので触らないように注意!

ネジで止める時は、均等に締めて、偏らないように気をつけます。

メモリ

カチッと奥までいれます。

はじめは、しっかりはまってなかったようで、電源を入れても、すぐに再起動を繰り返す無限ループがおこりました

f:id:min0124:20171217181620p:plain

マザーボード

先に、ケースにHDDや電源を取り付けておきます。

f:id:min0124:20171217182557p:plain

I/O パネルシールドを取り付けます

f:id:min0124:20171217182708p:plain

ケースにマザーボードを取り付けます

f:id:min0124:20171217182838p:plain

説明書を見ながら、全面のパネルヘッダーを接続します。

※名前が書いてある部分が外側になる

グラフィックボード

f:id:min0124:20171217183130p:plain

留め具の動きを把握してから、装着します。

仕上げ

あとは各配線をマザーボードの差し込んでいきます。

形をちゃんと見ればきちんとはまります。

最後に電源をつけてOSが付けばOK

OS認証

ここが一番はまりました。

以前のWindows10はハードウェアに紐付いていいたため、プロダクトキーを入力しても認証されませんでした!

ネットで調べてことは色々試したのですが、上手く行かず

Windows 10 バージョン1607以降ではMicrosoftアカウントでの運用が実質必須に、ライセンス認証の問題 | Solomonレビュー[redémarrage]

最終的にテクニカルサポートに問い合わせて、遠隔操作でライセンス確認、原因不明とのことでプロダクトキーを再発行してもらいました。

※フルーダイヤルから1-3-2と番号を押すと技術者につながる(全然つながらないので根気よく待つ)

※遠隔操作がすごい!実は簡単にできるし、再起動後も継続する。

※再発行してもらえるのは1回だけ(でもハードには紐付かないライセンス!)

www.microsoft.com

ドライバ

マザーボード付属、CDからドライバーをインストール

※realtek high definition audioのドライバは入れない(ヘッドホンとスピーカーの切り替えができなくなる)

パフォーマンス

ベンチーマーク計測はCrystalMarkで計測

Ryzen発売に合わせて9年ぶりの更新、往年の名ベンチマーク「CrystalMark」の最新版 – 窓の杜

以前もメモリは同一で(DDR3とDDR4の違いはあるが16GB)、CPUとマザーボードを変えただけで、約2.8倍の性能差!

f:id:min0124:20171217185350p:plain

何より静かで、フリーズも起こらなくなりました!

まとめ

自作PCの本を買うか迷ったのですが、マザーボードについている説明書で組み立てはすんなりできました!

自分で組み立てできると、そこから世界が広がる気がします!もっと良いパーツをつけてカスタマイズしていきたい!

とりあえず、メモリを増やして、グラボもVRできるようにパワーアップしていく予定です。

まとめ記事の紹介
ABOUT ME
すいみん
東京在住。デザイナー寄りのテクニカルデザイナー。 ブログは技術検証の備忘録として書いています。