自作ツール&スクリプト

【Google Document】音声データを自動で文字起こしする方法

google-document-convert-voice-to-text

すいみん
こちらのCGメソッドの記事では、音声から自動で文字起こしする機能(Googleドキュメントに有り)を紹介します!VTuberの動画を作る時に文字起こしからのテロップ制作が手間だったのでを試してみました。

[環境構築]Virtual Audio Cableのインストール

PC内で再生した音声をPC内で鳴らすために「Virtual Audio Cable」をインストールします。

  1. 下記のサイトからダウンロード
    参考 VB-CABLE仮想オーディオデバイスvb-audio.com

  2. ダウンロードしたデータを解凍して「VBCABLE_Setup_x64.exe」からソフトをインストールしましょう。

    注意
    管理者権限が必要なので、右クリック「管理者として実行」からインストールしましょう!

音声(Virtual Audio Cable)の設定

  • PCの右下のタスクトレイからスピーカーアイコンを右クリック。「サウンドの設定を開く」を選択しましょう。

出力(再生)設定

  1. 出力デバイスを「CABLE Input」にします。

※以前のWindowsならこちら

入力(録音)設定

  1. 入力デバイスを「CABLE Output」にします。

※以前のWindowsならこちら

以上で環境構築が完了です!早速、Googleドキュメントを使って音声から文字起こししてみましょう。

Googleドキュメントから音声を自動文字起こし

  1. まずGoogleドキュメントを開きましょう。
    参考 GoogleドキュメントGoogleドキュメント
  2. 上部メニューの「ツール」>「音声入力」を選択

  3. 赤い音声アイコンを押して音声を再生すれば、自動でテキストに起こしてくれます!

ポイント
マイクからの音声はしっかりテキスト起こししてくれますが、音声データの場合は音がクリアでないと、テキストが起こされない場合があります。
音声編集ソフトなどで編集して Googleドキュメントが聞き取りやすい音声にしましょう。
注意
音声テキスト入力が終わったら、サウンドの設定を元に戻しましょう!

まとめ

使いこなせばテロップ作成など効率よく文字起こしができます!
うまく行かないときは、マイクに切り替えて読み上げるのもコツです。

もちろん音声によっては途中で読み取らなくなったりと、まだまだ不安定なところもありますがGoogleの進化は著しいので近い将来ばっちりテキスト起こしできるようになると思われます。