【FaceRig】最短設定!基本の環境構築・設定と録画までの使い方について

how-to-facerig-settings

思い立ったが吉日。Vtuberが流行る中、最も導入コストが低いFaceRigを触ってみました。

スポンサーリンク

用意したもの

  • WEBカメラ LOGICOOL C270

ビックカメラで1,100円でした。マイクも内蔵。

もしWEBカメラ内臓のノートPCを使う場合、機材を買わずに始められます。

スポンサーリンク

ソフトのインストール

Steam

Steamのインストール

FaceRigはSteamでしか入手できないので、アカウントを作成しダウンロード、インストールします。
※PCのユーザーが全角などのマルチバイト文字の場合、一部の機能が上手く動作しないので注意!

FaceRig / FaceRig Live2D Moduleの購入

Steam内で購入します。1,480 円+398円

SteamFaceRig

SteamFaceRig Live2D Module

インストール時に Xiph,Org Open CodecsとWebM Project Directoshow Filters SetupとFace Rig Virtual Video driverも入れます。

FaceRig起動画面が立ち上がったら、LAUNCHを押します。

スポンサーリンク

FaceRigの基本設定

f:id:min0124:20180306084113p:plain

メニューの表示と日本語の設定

  • まず右上のUI+のボタンを押して、アドバンスUIに変更します。これで全メニューが表示されます。
  • 次に言語を日本語にします。右したの歯車アイコンを押し、Preference>Languageから日本語にします。

一般オプション設定

  • お気に入り設定>一般から「ロゴを隠す」、「ヒントを隠す」にチェックします。
  • グラフィックスを選択からシンプルな後処理にチェックします。これにより背景効果をOFFに、さらに2Dアバターの描画クオリティを高いにして画質をあげます。
  • パフォーマンスを選択し、フレームレートを変更します。低スペックのPCならは30fps、高スペックなら60FPS程度に設定します。さらにFaceRig処理設定にチェックを入れます。

アバター設定

  • 右上の顔アイコンを選択、すきなアバターを選択します。
  • 次に隣の行動タブへ、まず一番下の方にある「カスタム動作を有効にしてください」にチェックします。これでキーボードのキーで特殊な動作をするようになります。
  • 次に下記の設定をします。
  • 瞼の開閉の動きを両方重視 スライダーを真ん中より右側に。完全には揃えすぎない程度に
  • 眉毛の上下の動きを両方重視 スライダーを真ん中より右側に。完全には揃えすぎない程度に
  • 降格の上下の動きを両方重視 スライダーを真ん中より右側に。完全には揃えすぎない程度に
  • 「カメラを見て」の割合 スライダーを真ん中より右側に。完全には揃えすぎない程度に
スポンサーリンク

アバターを調整

自動調整します。

頭ポーズの早い自動調整

頭の位置を基本の位置にして、調整ボタン

表情の早い自動調整

表情を基本にして、調整ボタン

スポンサーリンク

アバターの録画

オーディオベースのリップシンクに切り替え

音声(マイク)と口パクを連動するならこちらをONに。

Live2Dを使う場合、それなりに調整が必要そうです。

パフォーマンスを録音

録画が始まります。停止ボタンを押したらファイル名を入力

ムービーとして録画をエクスポート

設定を入力して、先程のファイルを選択してエクスポート。エンコードが始まります。

出力される動画は.webmという画像になります。

あとはaviやmp4にコンバートして、動画編集ソフトで編集すれば流行りのVTuberになれるとおもいます。

f:id:min0124:20180306082531g:plain

もっと表情を調整したいという場合は、こちらの記事が参考になります。

>>>FaceRig】表情の調整方法について

コメント

  1. 竹田 勝紀 より:

    FaceRig起動画面が立ち上がり、LAUNCHを押すと
    下記の文面となります。FaceRigの基本設定になりません。

    アドバイスをよろしくお願い致します。
    ———————————————————————-
    ERROR: in file Src\VPFrameWork.cpp at line 183 in function cVPFrameWork::Init:
    Graphics card doesn’t support non-power of two textures!ERROR_EXIT: Program execution suspended

    SymInit: Symbol-SearchPath: ‘F:\PROGRAM FILES (X86)\STEAM\STEAMAPPS\COMMON\FACERIG\BIN\;.;F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig;F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin;C:\Windows;C:\Windows\system32;’, symOptions: 210, UserName: ‘takeda’
    DbgHelpPath: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\DbgHelp.dll’
    DbgHelpVersion: ‘6.2.0’
    OS-Version: 6.1.7601 (Service Pack 1) 0x300-0x1

    —CallStack—
    57E5F254 (EngineDll10): (filename not available): public: int __thiscall StackWalker::ShowCallstack(void *,struct _CONTEXT const *,int (__stdcall*)(void *,unsigned __int64,void *,unsigned long,unsigned long *,void *),void *)
    57CAE180 (EngineDll10): (filename not available): public: static void __cdecl cDebugSystem::SendToLogRaiseException(int,char const *,…)
    004F9681 (FaceRig): (filename not available): (function-name not available)
    003FE37B (FaceRig): (filename not available): (function-name not available)
    003ECF87 (FaceRig): (filename not available): (function-name not available)
    0056DAB2 (FaceRig): (filename not available): (function-name not available)
    757F343D (kernel32): (filename not available): BaseThreadInitThunk
    77669832 (ntdll): (filename not available): RtlInitializeExceptionChain
    77669805 (ntdll): (filename not available): RtlInitializeExceptionChain

    —ExtraInfo—
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\FaceRig.exe’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\SysWOW64\ntdll.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\kernel32.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\KERNELBASE.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\USER32.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\GDI32.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\LPK.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\USP10.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\msvcrt.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\ADVAPI32.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\SysWOW64\sechost.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\RPCRT4.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\SspiCli.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\CRYPTBASE.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\COMDLG32.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\SHLWAPI.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\WinSxS\x86_microsoft.windows.common-controls_6595b64144ccf1df_5.82.7601.18837_none_ec86b8d6858ec0bc\COMCTL32.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\SHELL32.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\ole32.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\OLEAUT32.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\MSVCP120.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\MSVCR120.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\SoundTouch.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\portaudio_x86.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\WINMM.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\SETUPAPI.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\CFGMGR32.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\DEVOBJ.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\MF.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\ATL.DLL’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\MFPlat.DLL’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\WS2_32.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\NSI.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\AVRT.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\VERSION.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\ksuser.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\MFReadWrite.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\PROPSYS.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\CRYPT32.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\MSASN1.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\turbojpeg.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\d3dx11_43.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\d3d11.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\dxgi.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\dwmapi.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\Leap.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\d3d9.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\d3d8thk.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\OPENGL32.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\GLU32.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\DDRAW.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\DCIMAN32.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\libcurl.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\WLDAP32.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\LIBEAY32MD.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\MSVCR100.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\SSLEAY32MD.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\FreeImage.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\ulsTracker.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\opencv_core249.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\opencv_highgui249.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\MSVFW32.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\AVIFIL32.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\MSACM32.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\AVICAP32.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\opencv_imgproc249.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\opencv_objdetect249.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\liblipsync_rt.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\steam_api.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\CoherentUI.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\WINTRUST.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\QUARTZ.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\DWrite.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\EngineDll10.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\DINPUT8.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\X3DAudio1_7.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\XINPUT1_3.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\MSVCP100.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\syswow64\PSAPI.DLL’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\libEGL.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\libGLESv2.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\TextureConverter.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\CommonDll10.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\MkModelLib10.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\ImageLib10.dll’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘C:\Windows\system32\VCOMP100.DLL’, SymType: ‘-exported-‘
    PDB: ‘F:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\ShaderLib10.dll’, SymType:
    ———————————————————————————–

    【EXIT】                       □ Write full memory dump  

    • すいみん すいみん より:

      >Graphics card doesn’t support non-power of two textures!

      とあるので、おそらくグラボのスペックが足りないのだと思います。

      推奨は下記になります。
      グラフィック: グラフィックス: NVIDIA GeForce GT220および同等のグラフィックアダプタ
      https://store.steampowered.com/app/274920/FaceRig/?l=japanese

      • すいみん すいみん より:

        最低:
        OS: Windows® 7以降
        プロセッサー: Intel® Core™ i3-3220或いは相当するもの
        メモリー: 2 GB RAM
        グラフィック: NVIDIA GeForce GT220或いは相当するもの
        DirectX: Version 9.0
        ストレージ: 3 GB 利用可能
        サウンドカード: DirectX 9.0c

        推奨:
        OS: Windows® 7以降
        プロセッサー: Intel® Core™ i5-4570 3.20GHz或いは相当するもの
        メモリー: 4 GB RAM
        グラフィック: NVIDIA GeForce GTX560或いは相当するもの
        DirectX: Version 11
        ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
        ストレージ: 4 GB 利用可能
        サウンドカード: DirectX 9.0c

  2. 竹田 勝紀 より:

    すいみん様
    さっそくアドバイスありがとうございました。

    私はOS: Windows® 7を使用しています。
    それから【F:】外付ハードディスク3TBを使用しています。

    Steamは【F:ドライブ】に貴の上文の説明を参考にしてインストールしました。

    5月2日にコメントを送付した後
    5月3日にFacerigを起動して【LAUNCH】を押すと下記のエラー文面になりました。
    ———————————————————————————–
    ●Your graphics card doesn’t support DX11. Go to Launcher options and change Render API toDX9

    【翻訳すると】 あなたのグラフィックスカードはDX11をサポートしていません。 ランチャーオプションに移動し、レンダリングAPIをDX9に変更します
    ———————————————————————————–
    となりますが、私は素人なのでどのように訂正作業をしたらいいかよくわかりません。
    どうかお願いいたします。具体的に作業手順を教えて頂きませんでしょうか

    よろしくご指導ください。

  3. すいみん すいみん より:

    PCに「GeForce」などのグラフィックボードをとりつけるしかありません。

    自作で取り付けるのは難しいと思いますので、お近くの家電量販店の店員さんに相談することをおすすめします。

    または安いゲーミングPCなど購入するという手もあると思います。
    https://www.dospara.co.jp/5shopping/search.php?amt_s=50001&amt_e=100000&cate=tg13&sort=price+asc,sortno,score&tc=60&tg=13&opt_shipping_info=~30

  4. 竹田 勝紀 より:

    すいみん様

    お手数をおかけいたしました。
    アドバイスされている意味がやっとわかりました。

    PCにグラフィクスが搭載されていないとゲーム関係は起動しないのですね。

    ゲーミングPCなど購入を検討したいと思います。

    ありがとうございました。

    • すいみん すいみん より:

      どういたしまして!
      ある程度いいPCじゃないとサクサクFaceRigが動かないので、ぜひ検討してみてください!

  5. 竹田 勝紀 より:

    すいみん様

    お世話になっております。

    パソコン購入してFacerigも起動し

    アバターの動き操作にも慣れてきましたが

    パフォーマンスを録音して保存しても保存確認が出来ない状態になっています。

    保存した時に 

    リプレイの保存先:C:/Users/ユーザー名(日本語)/Desktop/ファイル名.rplとなりますが

    デスクトップを確認してもファイルが見つかりません。

    どこか、操作がおかしいのでしょうか?

    • すいみん すいみん より:

      ちょっと原因がわからないのですが、パフォーマンスを録音を使用すると
      記録が始まり、カメラ前で演技し記録終了すると保存画面が出て普通に保存できます。
      保存画面が出た時に、別の場所に保存してみる等おすすめします。

  6. 竹田 勝紀 より:

    すいみん様

    別の場所で保存しても結果は同じでした。

    ただPCのクイックアクセスで確認したら
    最近使用したファイルの中に保存したファイルがありました。

    そして、その保存ファイルをプロパティで見てみるとサイズが0バイトになってます。

    この0バイトでは開かないような気がしますが・・・

    【Steamとfacerigのダウンロードした時の状況なんですが】

    ドライブ保存先が自動的にWindows(C)ドライブに保存しようとしましたが
    私は手動で(E)ドライブに変更しました。

    今回のリプレイの保存先:C:/Users/ユーザー名(日本語)/Desktop/ファイル名.rplとなり
    ドライブが(C)ですが、→ドライブ(E)にならないといけないような気もするんですが
    よくわかりませんが・・・

    どんなもんでしようか?よろしくお願いいたします。

  7. すいみん すいみん より:

    動画を書き出したいのであれば、

    ①パフォーマンスを録音(.rpl)
    ②ムービーとして録画をエクスポート(.webm)
    の2つの手順で動画が書き出されます。

    うまく(.rpl)が出力されないのであれば、もしかするとインストールの時点で、なにかインストールされるべき内容が足りないか、途中で失敗していたのかもしれませんね。

    もう一度インストールから試すことをおすすめします。

    または下記の掲示板に質問するともしかすると解決方法を知っている人がいるかもしれないのでおすすめします。

    steam
    https://steamcommunity.com/app/274920/discussions?l=japanese

    Live2D+Facerig
    http://forum.live2d.com/categories/facerig

  8. 竹田 勝紀 より:

    すいみん様

    ありがとうございます。

    確認してから対策できないなら
    再度インストールしてみます。

  9. 竹田 勝紀 より:

    すいみん様

    お世話になります。

    いろいろためしたり再度インストールでも結果はだめでした。
    ——————————————————

    それで、【最後の手段でPCを初期化しました】

    ※PCのUsers名を日本語から小文字ローマ字にして全てが解決しました。

    ①パフォーマンスを録音(.rpl)
    ②ムービーとして録画をエクスポート(.webm)
    の2つの手順で動画が書き出されました。
    ——————————————————-

    いろいろお世話になりありがとうございました。

  10. すいみん すいみん より:

    正常に動くようになってよかったです。
    なるほどユーザー名がマルチバイト文字の時は上手く動かないようですね!
    ブログに追記しておきます。