FaceRig

【FaceRig】Live2DのパラメーターをFaceRigで確認する方法

facerig-live2d-paramter-check

Live2DのパラメーターをFaceRigで確認してみました。

至極単純な方法なので、興味のある方は是非試してみてください

やり方

パラメーター表示素材の準備

  • まずはLive2Dのパラメーターウインドウ部分のスクリーンショットを取ります

  • Photoshopを開き、赤い玉部分を手作業で画像修正します。

  • ベース(Slider)と赤い玉(Handle)だけの正方形の画像素材を用意。適当な名前でPSDで保存

Live2Dでパラメーター設定

  • PSD画像をドラッグ&ドロップして、Live2Dにベース配置

  • 赤い玉の画像をパラメータ分複製して、パラメーターウインドウのデフォルトの赤い玉の位置と見た目をあわせる

  • あとはパラメータを動かして、その赤玉と同じ場所に位置する赤玉を移動して、パラメーターをつけていきます

終わったら、いつものとおり、パラメーター画像をアトラスにいれて、moc書き出し

FaceRig

フェイスリグでもパラメーターが表示され、赤い玉が表情にあわせて動きます

これで、自分の表情のパラメーターの動き具合が把握できます!

表情検証動画

動画投稿もしてみました!

動画でもコメントしたとおり、変形系はパラメーターをつける時に要注意です

  • 眉の変形 ※連動するのでつけすぎない!
  • 目の変形 ※連動するのでつけすぎない!
  • 口の変形 ※マイナス値は連動しない!
フェイスリグに関する記事をすべて掲載!
Mayaの参考紹介

参考記事

  • Mayaに関連するまとめ記事23選!
  • 参考書籍

    キャラモデリングの書籍です。

    背景を作成する時に一読すべき書籍です。

    リグを組む時に一読すべき書籍です。

    ABOUT ME
    すいみん
    東京在住。デザイナー寄りのテクニカルデザイナー。 ブログは技術検証の備忘録として書いています。