FaceRig

【FaceRig】Live2Dのモーションとカスタムパラメーターの設定方法

facerig-live2d-custom-parameter-settings

アバター設定で「カスタム動作を有効にしてください」にチェックを入れるとキーボードで特定のモーションやパラメーターを表示することができます。

ただ無限に設定できるわけではないので、上限を知った上で制作することをおすすめします。

※今回はLive2Dモデルを基準にしています。

設定データの場所

FaceRigのサンプルモデルのデータは

C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Mod\VP\PC_Common\Objectsにあります。

モデルの名前でフォルダが別れているのでその中の、例えばshizukuならcc_shizuku.cfgというデータをメモ帳で開くと設定の記述がされているのでわかりやすいと思います。

公式のドキュメントはこちら

https://steamcdn-a.akamaihd.net/steam/apps/420680/manuals/Live2D_Facerig_Avatars_Documentation15.pdf?t=1524753721

自作のモーションデータについて

  • 最大で6モーション割り当てることができます。

  • 設定できるキーは(Q,W,E,R,T,Y)でそれぞれ123456と番号で指定する

  • モーション時、アニメーションに含まれていないカスタムパラメーターの表示は反映されない。

  • モーションが終わった際、最後のポーズの状態になります

設定方法

set_special_action_anim キャラ名 'モーション名.mtn' キー番号

記述例

set_special_action_anim shizuku 'idle_01.mtn' 1
set_special_action_anim shizuku 'pinchOut03.mtn' 2
set_special_action_anim shizuku 'pinchOut01.mtn' 3
set_special_action_anim shizuku 'pinchIn03.mtn' 4
set_special_action_anim shizuku 'shake02.mtn' 5
set_special_action_anim shizuku 'tapBody02.mtn' 6

自作の特殊パラメーターについて

  • 最大で8パラメータ割り当てることができます。

  • 設定できるキーは(Z,X,C,V)とShift +(Z,X,C,V)

でそれぞれ12345678と番号で指定する

設定方法

set_special_pose_param キャラ名 'PARAM_パラメータ名' 最小値 最大値 キー番号

記述例

set_special_pose_param wanko 'PARAM_BOWL_LID' 50 -10 1
set_special_pose_param wanko 'PARAM_BOWL_SWING' 0 1 2
set_special_pose_param wanko 'PARAM_EAR_L' 0 1 4
set_special_pose_param wanko 'PARAM_EAR_R' 0 -1 3

※自作のモーション再生時はこのパラメーターは非表示になり、モーション終了後に再度表示されます。

腕パラメーターの設定

設定すると腕(肩 / 肘)が動くようになります。

設定方法(肩)

set_arm_l_param キャラ名 最小値 最大値 初期値

記述例

set_arm_l_param chitose 'PARAM_ARM_L_A' 0 10 10
set_arm_r_param chitose 'PARAM_ARM_R_B' 0 10 10

設定方法(肘)

set_hand_l_param キャラ名 最小値 最大値 初期値

記述例

set_hand_l_param chitose 'PARAM_HAND_L_A' 0 10 10
set_hand_r_param chitose 'PARAM_HAND_R_B' 0 10 10

初期カメラ位置の設定

指定してないと全身写ってしまうので、バストアップで移したい時はカメラ位置を設定してやります。

設定方法

set_cam_pos キャラ名 左右位置 上下位置 表示倍率

記述例

set_cam_pos shizuku 0.0 0.15 2.5

アイドリング

待機モーションをループで再生できる。

set_idle_anim キャラ名 '.mtn'

記述例

set_idle_anim tororo '00_idle.mtn'

舌出し

舌(PARAM_TONGUE)のIDのパラメータがあるとA,S,Dいずれかのキーを押している間、アニメーション再生(0-1)できます。

参考;サンプルの猫(tororo / hijiki)

パーツの透明度の切り替え設定

複数の同じ部位のパーツがある場合、下記のような記述で表示・非表示(透明度)の設定ができます。

記述例

set_part_opacity hijiki 'PARTS_01_ARM_L' 0
set_part_opacity hijiki 'PARTS_01_ARM_R' 0
set_part_opacity hijiki 'PARTS_01_ARM_L_02' 1
set_part_opacity hijiki 'PARTS_01_ARM_R_02' 1

 

まとめ

自作のモーションやパラメーターを切り替える数が意外と少ないので調べて良かったです。

ただし演技中に適切なタイミングで切り替えるのは大変なので、このくらいが良いのかもしれません。

カスタムパラメータを把握した上でFaceRigに設定する方法は下記の記事が参考になります。

 

フェイスリグに関する記事をすべて掲載!
ABOUT ME
すいみん
名前:すいみん 東京在住のデザイナー DTP・映像・3D・プログラミングまで、 なんでも自分で試して作ることが好きです。 ブログはその備忘録です。