【CLIP STUDIO】PRO版とEX版の違いについて

今までイラスト関係の仕事は実は全然通ってこなかった(厳密に言うと発注側としてはあります)のですし、プライベートでイラストを描くことも全然してこなかったのですが、

ここ最近Live2D制作のために、どうにかこうにか(Photoshopで)描くことも増えてきた(睡井眠子とかヒプマイ新宿3人とか)ので、

イラストレーターさんのほとんどがよく使うツール「CLIP STUDIO」も触れておこうと導入してみました!

クリスタのラインナップ

DEBUT/PRO/EXと3種類あります。

ラインナップと各プランの特徴

  • おためしの機能制限版ならDEBUT

  • イラスト描くならPro

  • 同人誌や漫画を描くならEX

Pro購入後、差額を払えばEXにアップグレードできるので、

はじめは体験版を使ってみて、よさそうであればProにするのが良さそうです。

クリスタの購入方法

パッケージならAmazon、パッケージより安いダウンロード版なら公式サイトCLIP STUDIO PAINT EX
がおすすめです

アカウントを登録してクレジットカードで購入すれば、シリアルナンバーとダウンロードリンクが提示されます。




created by Rinker
セルシス
¥6,137 (2019/07/21 22:51:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
セルシス
¥24,572 (2019/07/21 22:51:04時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみにA8というアフィリエイトサイトに登録して、自分で購入するセルフバックというメニューからクリスタを購入すると15%引きになります。

↓下のボタンから登録できます(宣伝)



A8.netの申し込みページはこちら

クリスタの導入方法

  1. ダウンロードしたソフトをインスール

  2. 下記のパスからペイントソフトを直接起動(もちろんポータルサイトが起動してPAINTメニューから起動してもOK)

C:\Program Files\CELSYS\CLIP STUDIO 1.5\CLIP STUDIO PAINT\CLIPStudioPaint.exe
  1. そのまま体験版を起動してヘルプメニューからアカウント登録を押す

  2. 購入時のシリアルナンバーを入力して認証(自動)されれば、ライセンス認証が完了します。

クリスタEXでできる機能。

Proと通常版ではできない機能の紹介です。

複数ページ管理

ページ管理>ページの追加

同人誌や漫画制作が効率よく作業できます。

共同作業という機能もあって、GoogleDriveやDropBoxと合わせて複数人で作業することもできます。

2D画像のライン抽出(LT変換機能)

  1. レイヤープロパティウインドウから青丸ボタンをおして、パラメータを調整すると、画像から線を抽出できます。

  1. レイヤーのLT変換を実行を押すと更にダイアログがでて、詳細設定ができます。

画像は背景に白置いてますが、線画だけちゃんと抽出できています!

白黒グレーのトーン変換もできます。

3Dデータのライン抽出

同様に3Dデータも読み込めて、3Dと同じ位置回転スケールで調整ののち、レイヤープロパティウインドウから青丸ボタンをおして、ライン抽出できます

読み込める拡張子はfbx・6kt・6kh・lwo・lws・obj

EXとProの違いがまとまっている公式サイト

他にもフィルターやセリフ簡単入力機能などがあります。

https://www.clip-studio.com/clip_site/promotion/clipstudio/paint_ex_treatment

感想

同人誌や漫画、アニメを作る人向けに作られているソフトで非常に面白いです!

あとは実際に試しながら、次はPhotoshopとの違いを感じていこうと思います。