Canva

【Canva】無料+ウェブでデザイン素材を作成する方法

canva-eyecatch

無料かつウェブ(またはアプリ)でデザイン素材が作成できるCanvaを紹介です。

ブロガーさんが何人か紹介している記事を読んだことがるので、以前から知っていました。

丁度アイキャッチのデザインを改善したいと思っていたので、今回Canvaを使って模索してみました!

Canvaの登録

アクセスして登録が必要です。(GoogleアカウントでOK)https://www.canva.com/

アイキャッチの作成方法

※細かい機能などは紹介しません、最小限度使うものだけを紹介します。

アイキャッチのサイズについて

  • Canva右上の「画像サイズを指定」ボタンを押して

1200×1200のサイズを入力

  • 左メニューの素材から幅1200×285の図形を上下に置きます。(1200×630以内)

※この中で文字を収めます

理由は以前のアイキャッチ作成記事を参考に

いろいろなメディアで使えるアイキャッチサイズになります。

【Blog】どんな用途にも対応!ベストなアイキャッチ画像のサイズとレイアウト・最適化について

アイキャッチの文字について

最大文字数

タイトル名の表示可能文字数がGoogleが約32文字に対して、Yahooが28文字。

メディアに掲載されることも意識してタイトルを付けることも考えると、28文字以内が良さそうです。

構成

見出し:ソフト名
本文;ブログタイトル
背景:ソフトのテーマカラー単色

以前は色だけで表現していたのですが、ソフト名も明記するようにしました。

文字サイズ

見出し:128px
本文;60px

見出しと28文字(最大3行)が1200×630以内のエリアに収まる様に配置します。

文字のジャンプ率(サイズ比)は好みで。

文字のデザイン

見出し:ラノベPOP
本文:やさしさゴシック
間隔:1.3

ゴシックかつ、固くなりすぎないR(丸み)のあるフォントを選定。

ちなみにCanvaはPhotoshopのようにAlt+矢印で文字詰めができます!(素晴らしい)

もちろんカーニング(文字間隔)もメニューの「間隔」から調整可能

アイキャッチの確認

右上のダウンロードボタンを押して、画像をダウンロード。

サイズを194×194くらいに縮小して、Googleの検索時のみやすさを確認します。

本文はぎりぎり読めるくらいでしょうか?

文字にアウトラインを足して太くできたら更に良かったです。

Canvaを使っての感想

  • オンラインで編集できる

  • WEBやアプリで共有できる

  • 以前作成した画像をコピーして作成がはじめられる

  • 文字間隔や文字詰めも可能!中央合わせも感覚的にできる

  • フォントの種類がはじめから豊富!

  • 今回は使用してませんが、装飾素材が大量に入っているのでコラージュして図形を描かなくてもデザインできる

無料でかつソフトをインストールしないで、デザイン素材が作成できる!オンラインで保存も可能!

職場でもちょっとした資料素材作成に今後も使えそうです。

まとめ記事の紹介

Cyber Monday


1年のうち一番のセール!


Amazonギフト券を5000円以上チャージすると1000ポイント追加されます!

ふるさと納税

静岡県小山町
Amazon ギフト券 1万~ と交換できます。(12月まで)
※年末までにふるさと納税すると来年6月からの住民税がその分控除されます。

参考記事

参考書籍

gitの入門書です。

LifeHackに。

ABOUT ME
すいみん
東京在住。デザイナー寄りのテクニカルデザイナー。 ブログは技術検証の備忘録として書いています。