フリーソフト

【AutoHotkey】特定のソフトを起動後に最小化する方法

autohotkey-minimize-software-after-launching

AutoHotkeyの導入方法

AutoHotkeyというソフトをダウンロード&インストール

下記のコードをメモ帳に記述して、「.ahk」という拡張子にしてダブルクリックすればスクリプトが起動します。

スクリプト起動実験をしてよさげなら、スタートアップ( %USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup)に置いておきましょう。

PC版Lineを起動後、タスクトレイに入れる方法

Lineは自動起動後に、そのままソフトが展開されて非常にじゃまです。

AutoHotkeyで起動後閉じてやることで、タスクトレイに入るので、ちょっとだけストレスが解消されます。

Run, %USERPROFILE%\AppData\Local\LINE\bin\LineLauncher.exe

Sleep, 5000

Loop, {
  Sleep, 20
  IfWinExist, LINE ahk_class Qt5QWindowIcon
  {
    WinClose, LINE ahk_class Qt5QWindowIcon
    Break
  }
}

※ PCのLINE起動が遅いので、5秒間ほどまってからスクリプトを作動させるといい感じにLineがタスクトレイに収まりました(Sleep, 5000)

※ 閉じてもタスクトレイに入るのでWinClose、最小化(WinMinimize)でもよいです。

他のソフトの場合

同様ですソフトのクラスを調べます。

タスクトレイにあるAutohotkeyを右クリックして

Window Spyでahk classを調べます。たとえばChromeならahk_class Chrome_WidgetWin_1

あとは下記のように記述してスクリプトをスタートアップにいれると、PC起動時にChromeが起動して最小化されます。

Run, C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe

Sleep, 100

Loop, {
  Sleep, 20
  IfWinExist, ahk_class Chrome_WidgetWin_1
  {
    WinMinimize, ahk_class Chrome_WidgetWin_1
    Break
  }
}

まとめ

以上です。

スタートアップに入れているソフトで、起動後邪魔な場合はAHKのスクリプトで対応するとストレスが軽減されます。

まとめ記事の紹介

参考記事

参考書籍

gitの入門書です。

created by Rinker
¥2,484
(2019/06/17 10:54:03時点 Amazon調べ-詳細)

LifeHackに。

ABOUT ME
すいみん
東京在住。デザイナー寄りのテクニカルアーティスト。 ブログは技術検証の備忘録として書いています。