Atom

【Atom】Adobeソフトへスクリプトを直接実行する方法

atom-adobe-script-runner

adobe-script-runnerという拡張機能があってAtomまたはVisual Studio CodeからAdobeのソフトへスクリプトが実行できるようなので試してみました。、

インストール

ファイル>環境設定(Ctr+,)>インストールからAdobeで検索、Adobe Script Runnerが表示されたら、インストール。

Adobeのパス設定

ファイル>環境設定(Ctr+,)>パッケージからAdobe Script Runnerを探し、設定ボタンを押す

After Effectsのパス(Path to After Effects executable)

デフォルトは最新の2018になっています。変更したい場合はバージョンの数字を変更

"C:\Program Files\Adobe\Adobe After Effects CC 2017\Support Files\AfterFX.exe"

※必要であればPhotoshopやIllustratorのパスの入力欄があるので同様にバージョンを修正

ショートカット(キーバインド)の設定

ファイル>環境設定(Ctr+,)>キーバインド>青文字のキーマップファイルの選択

'.platform-win32 atom-workspace, .platform-darwin atom-workspace':'ctrl-alt-a': 'adobe-script-runner:Adobe After Effects'
'.platform-win32 atom-workspace, .platform-darwin atom-workspace2':'ctrl-alt-i': 'adobe-script-runner:Adobe Illustrator'
'.platform-win32 atom-workspace, .platform-darwin atom-workspace3':'ctrl-alt-p': 'adobe-script-runner:Adobe Photoshop'

上記の様に記述。

例えばCtrl+Alt+PでPhotoshopへスクリプトが実行される

Adobe Script Runnerのテスト

ファイル>新規作成

適当なコードを記述

alert("Hello World");

Ctrl+Alt+Pで実行

Ctrl+Pで「Photoshop」と検索して選択して実行

Photoshopでアラートが表示されるのを確認できます。

感想

コードは好きなエディタで書くと書きやすいですが、結局デバッグはESTKを使わざるを得ないです。

まとめ記事の紹介
ABOUT ME
すいみん
東京在住。デザイナー寄りのテクニカルデザイナー。 ブログは技術検証の備忘録として書いています。