CG・映像デザイナー技術ブログ

【After Effects】AVIより10分の1軽い!可逆圧縮フォーマットUtVideoについて

0

aftereffects-ut-video-codec

動画編集のレンダリングが重たい箇所は中間データとして、レンダリングして動画に差し替えることがありますが、劣化させないように可逆圧縮フォーマットのAVI(None)を使用することが多いです。

ただAVI(None)は非常にデータサイズが大きく、HDDの容量を圧迫するので非常に悩ましい問題でしたが、

可逆圧縮フォーマットでAVI(None)より1/10軽いコーデックを教えていただので紹介します。

この記事の著者
CGブロガー すいみん

CGブロガー

すいみん

Suimin

プロフィール

某美大の油絵科を卒業後、大手CG映像プロダクションに入社。
その後ゲーム業界に転職。
現在は技術系のCGデザイナーをしています。 書籍:Unity デザイナーズ・バイブル
プロフィール詳細はこちら

UtVideoの導入方法

こちらから最新のバージョンをダウンロードしてインストールするだけです。

例:utvideo-20.0.0-win.exe

AfterEffectsでの指定方法

  • レンダーキュー>出力モジュール>形式をAVIに
  • 形式オプションを選択して、*UtVideo YUV420 BT.709VCM*

※サイズはYUV420が一番軽い

※アルファ付きならT2 RGBA VCM

※ハーフHD(1280x720)以上のサイズはBT.709VCMを推奨

参考

http://aviutl.info/ut-video-codec/

 

サイズ比較

4秒の動画をレンダリングしてみました。

  • 393 MB(None)
  • 43.2 MB(UtVideo YUV420 BT.709VCM)

ということで約89%OFFという結果に

動画の劣化も見られませんでした、素晴らしい!

補足

ちなみにUtVideoはいまのところMediaPlayerでは再生できますが、VLCなどの他のプレイヤーでは再生できませんでした。

AEの動画編集の中間データとして使うのであれば、とくに困らないとは思います。

 

After Effectsに関する参考記事・ツール・書籍のまとめ

After Effectsに関する記事を下記にまとめました。



aftereffects-summary-article


作業効率化!After Effectに関する動画制作まとめ



aftereffects-summary-article


作業効率化!After Effects(エクスプレッション)に関する動画制作まとめ



aftereffects-summary-article


作業効率化!After Effects(スクリプト)に関する動画制作まとめ

After Effectsのソフトウェア購入


eyecatch-buy-adobe-creative-cloud
【Adobe Creative Cloud】最安!アドビ認定スクールから購入する方法(+講座付き)

After Effectsの参考書籍

すいみん
最初の教科書にするならこの本です!
すいみん
この本見ながらエフェクトを触っているとより身につきます!
すいみん
Premiere Pro版もあります。YouTuber向け!
すいみん
このシリーズ3冊あるのですが、アニメの技法って特殊で面白いので引き出しを増やしたい方向けに!

After Effectsの参考書籍

すいみん
AfterEffects慣れてくると効率化も考えるようになると思いますが、まずはエクスプレッションを覚えましょう!

以上、すいみん(@cg_method)でした!

0