AfterEffects

【After Effects】AVIより10分の1軽い!可逆圧縮フォーマットUtVideoについて

aftereffects-ut-video-codec

動画編集のレンダリングが重たい箇所は中間データとして、レンダリングして動画に差し替えることがありますが、劣化させないように可逆圧縮フォーマットのAVI(None)を使用することが多いです。

ただAVI(None)は非常にデータサイズが大きく、HDDの容量を圧迫するので非常に悩ましい問題でしたが、

可逆圧縮フォーマットでAVI(None)より1/10軽いコーデックを教えていただので紹介します。

UtVideoの導入方法

こちらから最新のバージョンをダウンロードしてインストールするだけです。

例:utvideo-20.0.0-win.exe

AfterEffectsでの指定方法

  • レンダーキュー>出力モジュール>形式をAVIに
  • 形式オプションを選択して、**UtVideo YUV420 BT.709VCM**

※サイズはYUV420が一番軽い

※アルファ付きならT2 RGBA VCM

※ハーフHD(1280x720)以上のサイズはBT.709VCMを推奨

参考

http://aviutl.info/ut-video-codec/

 

サイズ比較

4秒の動画をレンダリングしてみました。

  • 393 MB(None)
  • 43.2 MB(UtVideo YUV420 BT.709VCM)

ということで約89%OFFという結果に

動画の劣化も見られませんでした、素晴らしい!

補足

ちなみにUtVideoはいまのところMediaPlayerでは再生できますが、VLCなどの他のプレイヤーでは再生できませんでした。

AEの動画編集の中間データとして使うのであれば、とくに困らないとは思います。

 

ABOUT ME
すいみん
名前:すいみん 東京在住のデザイナー DTP・映像・3D・プログラミングまで、 なんでも自分で試して作ることが好きです。 ブログはその備忘録です。