【After Effects】スクリプトでタイムコードを作成する方法

映像を見てもらう時に、タイムコードをつける時があると思いますが、

いつもデフォルトの機能ではなく、エクスプレッションで作成しています。

【AfterEffects】タイムコードをエクスプレッションで表示する方法
余計な桁とか入れずシンプルなので、タイムコードのエクスプレッションを使います。たまにしか使わず、忘れるのでメモ。通常のタイムコード作成方法空白のテキストレイヤーの作成エフェクト>テキスト>タイムコード>SMPTEまたはフレーム番号エクスプレ

ですが忘れてしまうので、スクリプト化しました。

スポンサーリンク

タイムコードを作成するスクリプト

コンポジションが作成されていれば、スクリプト実行で、左上にタイムコードが生成されます。


#target aftereffects buildTimeCode(); function buildTimeCode() { app.beginUndoGroup("build Time Code"); var curComp = app.project.activeItem; if (!curComp || !(curComp instanceof CompItem)) { alert("Please select a Composition."); return; } var tl = curComp.layers.addText("new_text_layer"); tl.position.setValue([10,17]); tl.name = "タイムコード"; var expr = "timeToTimecode(t = time + thisComp.displayStartTime, timecodeBase = "+ curComp.frameRate+", isDuration = true)"; tl.property("Source Text").expression = expr; var tltxt = tl.property("ADBE Text Properties").property("ADBE Text Document"); var txt = tltxt.value; txt.resetCharStyle(); txt.applyStroke = true; txt.strokeColor = [1,1,1]; txt.fontSize = 18; txt.fillColor = [0, 0, 0]; txt.font = "Arial-BoldMT"; txt.strokeWidth = 4; txt.strokeOverFill = false tltxt.setValue(txt); curComp.duration(); tl.moveToBeginning(); app.endUndoGroup(); }
スポンサーリンク

まとめ

エクスプレッションのスクリプト化、結構便利そうなので、

ちょいちょい作成してみようと思います。

 

コメント