【AfterEffects】プロジェクト内のレイヤーソースを表示を選択するスクリプト紹介

素材の整理されてない汚いデータを開いた時に、レイヤーから参照元をたどって整理することがあるのですが、スクリプトで調べると少しだけ手順が減ります。

以前、Twitterでスクリプトを見かけたのでその紹介です。

選択レイヤーの参照元を表示する方法(基本機能)

  1. タイムラインの調べたいレイヤーを選択

  2. 右クリックからプロジェクト内のレイヤーソースを表示

CC2018以降は、操作までの表示が1階層増えているので、スクリプトで選択する方法をおすすめします。

引用元

スクリプト

var proj = app.project;
var comp = proj.activeItem;

if(comp){
  var selectedLayers = comp.selectedLayers;
  if(selectedLayers.length > 0){
    for(var l = 0 ; l < selectedLayers.length ; l++){
      selectedLayers[l].source.selected = true;
    }
  }
}