AfterEffects

【After Effects】音量をフェードイン・アウトさせるエクスプレッション

aftereffects-expression-audiolevel-fade-In-out

こちらの記事もおすすめです。

透明度などをエクスプレッションでフェードイン・アウトさせたい時はこちらの記事が参考になります。

はじめに

音のフェードイン・アウトは結構機械的につけてしまうので、音量をフェードイン・アウトさせるエクスプレッションを書きました。

特徴

エクスプレッションを使うとサウンドのレイヤーの長さに合わせて、

オーディオレベルのフェードインやフェードアウトが指定できるので、

いちいちレイヤーの長さを変えるたびにオーディオレベルのキーを調整しなくても済みます。

エクスプレッション

fadeTime →秒数

audio.audioLevelsMax →最大音量

フェードイン

fadeTime = 1;
audio.audioLevelsMin = -48;
audio.audioLevelsMax = 0;
layerDuration = outPoint - inPoint;
singleFrame = thisComp.frameDuration;
animateIn = linear(time, inPoint, (inPoint + fadeTime), audio.audioLevelsMin, audio.audioLevelsMax);
animateOut = linear(time, (outPoint - fadeTime+1), (outPoint-singleFrame), audio.audioLevelsMax, audio.audioLevelsMin);
if(time < (layerDuration/2+inPoint)){[animateIn,animateIn];
}else{[animateIn,animateIn];}

フェードアウト

fadeTime = 1;
audio.audioLevelsMin = -48;
audio.audioLevelsMax = 0;
layerDuration = outPoint - inPoint;
singleFrame = thisComp.frameDuration;
animateIn = linear(time, inPoint, (inPoint + fadeTime), audio.audioLevelsMin, audio.audioLevelsMax);
animateOut = linear(time, (outPoint - fadeTime), (outPoint-singleFrame), audio.audioLevelsMax, audio.audioLevelsMin);
if(time < (layerDuration/2+inPoint)){[animateOut,animateOut];
}else{[animateOut,animateOut];}

フェードイン・アウト

fadeTime = 1;
audio.audioLevelsMin = -48;
audio.audioLevelsMax = 0;
layerDuration = outPoint - inPoint;
singleFrame = thisComp.frameDuration;
animateIn = linear(time, inPoint, (inPoint + fadeTime), audio.audioLevelsMin, audio.audioLevelsMax);
animateOut = linear(time, (outPoint - fadeTime), (outPoint-singleFrame), audio.audioLevelsMax, audio.audioLevelsMin);
if(time < (layerDuration/2+inPoint)){[animateIn,animateIn];
}else{[animateOut,animateOut];}

参考

https://forums.adobe.com/thread/2048099

その他

たまにフェードアウト後(オーディオレベルが-48)なので音がブツッと音切れを起こす場合があるのですが、その時は更に親コンポを作成して、そこでフェードアウトかけると良いです。

AfterEffectsの参考紹介

参考記事

  • After Effectsに関連するまとめ記事45選!
  • 参考書籍

    ABOUT ME
    すいみん
    東京在住。デザイナー寄りのテクニカルデザイナー。 ブログは技術検証の備忘録として書いています。