CG・映像デザイナー技術ブログ

【Windows】Windows10のスタートメニューをコンパクトにする方法

0

Windows10のスタートメニューはパネルなどあって、使わないのに情報が多く、特に画面の小さいノートPCなどでは表示面積の割合が大きく、邪魔です。

レジストリなどいじらず、通常の設定でかなりコンパクトにできるので、その紹介です。

この記事の著者
CGブロガー すいみん

CGブロガー

すいみん

Suimin

プロフィール

某美大の油絵科を卒業後、大手CG映像プロダクションに入社。
その後ゲーム業界に転職。
現在は技術系のCGデザイナーをしています。 書籍:Unity デザイナーズ・バイブル
プロフィール詳細はこちら

パネル表示をすべて消す

パネルを右クリックして、スタート画面からピン留めを外すをクリックするとそのパネル表示が消えます。

地道にですが、これをすべてのパネルに繰り返します。

最後にウインドウに内を選択して、ドラッグで最小にしてやります。

メニューボタンを最小の数にする

デスクトップの空いている所を右クリック>個人用設定>スタートを選択。

すべてオフにします。

※スタート画面に表示するフォルダーを選ぶの中もすべてオフに

プログラムのリストも整理

プログラムを右クリック>その他>ファイルの場所を開く

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs

でエクスプローラーを起動、この中身を整理するとスタートメニューを意図した見た目になります。

もちろん削除すれば、使うメニューだけ残すことも可能です。

Windows10のスタートメニューをコンパクトにする方法まとめ

ということで、基本タスクバーさえあれば、困らないので、普段ほとんど使わないスタートメニューをレジストリをいじらずにコンパクトにしました。

以上、すいみん(@cg_method)でした!

0