メニュー

PC不要!iPad+クリスタでイラストを描く環境を作る方法

clip-studio-ipad

お絵かきソフト「クリスタ」は、PC用ソフトのイメージが強いかも知れませんがiPad版があるのをご存知ですか?

iPad版を使えば好きな場所に持ち歩いたり、本格的な絵を描くことができます。

今回はiPad版クリスタのメリット・デメリットやスペックをまとめましたので、良かったらご覧ください。

すいみん

場所を選ばず、寝転んで絵を書くこともできるので、iPad+クリスタを使いこなすと最強です。

目次

そもそもクリスタって?

クリップスタジオ(通称クリスタ)は2012年に発売された利用率NO.1のペイントソフトです

そして2017年11月にiPad版がリリースされました。

CLIP STUDIO PAINT for iPhone

CLIP STUDIO PAINT for iPhone

CELSYS,Inc.無料posted withアプリーチ

種類は、DEBUT・PRO・EXの3種類あります

  • DEBUT→pixivプレミアム会員に無料提供
  • PRO→イラスト制作向け
  • EX→漫画制作向け

DEBUTはpixivプレミアム会員に無料提供されていて単体では販売されていません

単体で購入するならPROかEXになりますが、EXの方が使える機能が多く価格が高いです。

iPad版クリスタの特徴[メリット]

画面はPC版とほぼ同じです。

PC版クリスタ

iPad版クリスタ

画面はPCとほとんど同じでなので、PC版に慣れてる方でも違和感無く使えます。

もちろんワークスペースは使いやすいようにカスタマイズできます。

PCとデータ共有できる

iPadの画面をPCにミラーリングすると液タブのように使うことが出来るので、液タブが無くても本格的に絵を描けます。

※ミラーリングするにはPC版も必要です。

場所を選ばず使える

液タブはPCと繋げないと使えませんが、iPadだと持ち歩けるので場所を選ばず使えます。

画面を回転できるので、状況に応じて縦・横で描けるのも便利です。

年額払いだと安い

月額払いと年額払いが選べますが、年額払いにすると33%~51%OFFになります

  • PRO → 月額480円が年額払いだと月額233円
  • EX  → 月額980円が年額払いだと月額650円

になります。1年間継続して確実に使う予定なら年額の方がかなりお得です。

iPad版クリスタの特徴[デメリット]

続いてデメリットも紹介します。

買い切りプランがない

画像引用元:ラインナップ | CLIP STUDIO PAINT

iPad版は年額か月額しかないので、支払い続けないといけません

金額は480円~になります(上の画像参照)

買い切り(ダウンロード版)だと、PRO5,000円・EX23,000円です。

  • PRO → 5,000円÷480円=10.41
  • EX →  23,000円÷980円=23.4

計算するとこのようになり、PROは10ヶ月・EXは23ヶ月以内に解約すれば買い切りよりお得に使えます。

使えない機能がある

iPadだと使えない機能があります

一例ですが、

  • スキャナでの画像読み取り
  • 印刷
  • コンビニプリント出力機能

などが使えないので気を付けましょう!

筆圧感知レベルが低い

筆圧の比較です。よほど太い線を引く人でない限りは全然問題ない筆圧感知レベルです。

PCクリスタの場合

iPadクリスタの場合

iPadだとタッチペンかApple pencilを使うことになりますが、筆圧感知レベル2048~8192のペンタブに対してApple pencilは1024程度です。

線の強弱・繊細な線はあまり表現できません。

画面が小さい

PCと比べると画面が小さいので少し描きにくいです。

拡大・縮小する頻度も高くなるので作業効率は悪くなります。

誤操作しやすい

手が当たってしまったりして誤操作してしまう頻度が高くなりやすいです。

手袋を使うと誤操作が減ります。

iPad版クリスタのスペックと価格

特徴がわかったところで、スペックと価格もチェックしておきましょう。

対応機種

  • iPadOS 13
  • iPadOS 14

コンピュータ本体・CPU

  • 2GB以上のメモリ必須 4GB以上推奨
  • 10.5インチ以上のディスプレイサイズを推奨

筆圧対応ペン

  • Apple Pencil
  • Wacom Bamboo Sketch(iPad用)
  • Wacom Bamboo Fineline 3(iPad用)

価格

気になるクリスタの価格比較表です。

ソフト名プラン名価格(月)価格(年)
CLIP STUDIO PAINT PRO1デバイスプラン480円2,800円(234円/月)
2デバイス 800円4,800円(400円/月)
プレミアム980円5,900円(492円/月)
ソフト名プラン名価格(月)価格(年)
CLIP STUDIO PAINT EX1デバイスプラン980円7,800円(650円/月)
2デバイス1,380円10,800円(900円/月)
プレミアム1,600円12,800円(1067円/月)
すいみん

イラストのお仕事で使うのであれば、最大年間1.28万円なので、そこまで高くないと思います。

無料期間

最大3ヶ月

おすすめの周辺機器

iPadとクリスタだけでは絵は描けません!タッチペンも買っておきましょう。

Apple pencil

iPadでイラストを描くならApple pencilがダントツで描きやすくておすすめ

iPadの種類によって、Apple pencilも第1世代か第2世代か変わってくるので要注意。

MEKOスタイラスタッチペン

Apple pencilはちょっと高いという方はこちらがおすすめ

電導繊維、ディスクタイプの両方のペン先が使えます。

ペン先のみ購入できるのもポイントです。

[応用]買い切りのPC版クリスタを持ち歩く方法

iPad版はサブスクリプションなのがネックですよね。

PC版は買い切りなので、初期費用で済みます。

なので買い切りのPC版を持ち歩けるのか?検証してみました。

タブレットPCを買う

iPadではなくタブレットPCだと買い切りのクリスタを購入できます。

価格は約23万円とかなり高いですが、ペンタブで有名なワコムの「MobileStudio Pro」というタブレットPCが描き心地がよくおすすめです。

ちなみに金額を比較すると

  • iPad版クリスタ → 年額2,800(PROの場合)×30年=84,000円
  • iPad      → 120,000円

合計は204,000円です。しかし

  • タブレットPC  → 229,900円

なので、30年間使い続けてもiPad版の方が安いです!

タブレットPCの場合は、価格の安さよりも出先でPC版クリスタを使える利便性を優先したい方に向いています。

iPhone版を使う

どうしても持ち歩きたい方はiPhone版を使う手段もあります。

iPhone版なら毎日1時間無料で使えます。

1時間以上使いたい場合はPRO月額100円・EX月額300円がかかりますが、安いので使ってみるのも良いかもしれません。

画面が小さいのを気にする方はモバイルディスプレイという便利なものがあるので、こちらで確認しながら描いてみてもよいでしょう。

PC不要!iPad+クリスタでイラストを描く環境を作る方法まとめ

本記事では「最高!iPad+クリスタでイラストを描く環境を作る方法まとめ」を書きました。

もう一度、メリット・デメリットをおさらいしておきますね。

iPad版クリスタのメリット

  • 画面はPC版とほぼ同じ
  • PCとデータ共有できる
  • ショートカットが便利
  • iPadをミラーリングすると液タブのように使える
  • 場所を選ばず使える
  • 年額で買うと安い

iPad版クリスタのデメリット

  • 買い切りプランがない
  • 使えない機能がある
  • 筆圧感知レベルが低い
  • 画面が小さい
  • 誤操作しやすい

どうしても買い切りで持ち歩きたい場合は、ワコムの液晶ペンタブレットを購入したり、iPhoneで毎日1時間だけ使うという選択肢もあります。

iPad版は買い切りは無いものの、PC版とほぼ同じで場所を選ばず本格的に絵を描けます。

最初は無料期間(3ヶ月)もあるので是非使ってみてください!

すいみん

やっぱりPC+買い切り版クリスタを検討される方は、下記の記事も参考にしてください。

以上、すいみん(@cg_method)でした!

クリスタに関する参考記事・ツール・書籍のまとめ

クリスタに関する記事を下記にまとめました。

クリスタのソフトウェア購入

イラストが学べるスクール

イラストの周辺機器

ペンタブ(クリスタ付き)

クリスタの参考書籍

イラストの参考書籍

この記事も読まれてます

目次
閉じる