メニュー
Kindle9周年!読み放題が3か月199円!詳しく見る

【CLIP STUDIO】簡単!火・炎エフェクトの描き方まとめ

ゲームのイラストなどでよく使われるエフェクト。

キャラクターに加えるだけで凄くかっこよくなりますよね!

そこで本記事では簡単にできる火・炎エフェクトの描き方をまとめてみました。

目次

CLIP STUDIO:火・炎エフェクトの描き方

早速、描き方を解説します。

  1. ベースの色でシルエットを描く
  2. 内側の明るい部分を描く
  3. さらに内側の明るい部分を描く
  4. 境界線をぼかす

という4つのステップで簡単に火・炎エフェクトが描けます。

STEP

キャライラストを用意

まずはエフェクトを載せるキャライラストを用意しましょう。

今回はクリスタの素材パネルから3Dデッサン人形を配置してみました。

STEP

ベースの色でシルエットを描く

まずは新規レイヤーを追加して、基本のベース赤色で火・炎のシルエットを描きましょう。

ポイントは2点です。

  1. 火・炎の力の流れを意識
  2. 消しゴムをつかって先端を尖らせる
STEP

内側部分を描く

レイヤーを追加して、レイヤータイプを加算(発光)レイヤーにします。

さらにレイヤー設定を下のレイヤーでクリッピングを選びます。

これをすることでシルエットからはみ出さずに内側を描けます。

今回ブラシは効果専用を選択。

黄色系のオレンジで内側を塗っていきます。

ポイントは2点です。

  1. 内側だけを塗ります
  2. 縁だけ赤が残るくらいたくさん塗ります。
STEP

さらに内側部分を描く

レイヤーを追加して、レイヤータイプを加算(発光)レイヤーにします。

同様にレイヤー設定を下のレイヤーでクリッピングを選びます。

同様に内側に白っぽい黄色で塗ります。

さらに同じ用にレイヤーを足して内側にも白を塗りましょう。

ポイントは2点です。

  1. 内側だけを塗ります
  2. 縁だけオレンジが残るくらいたくさん塗ります。
STEP

境界線をぼかす

最後に微調整します。

作成した3つのレイヤーに対して、フィルタ>ぼかし>ガウスぼかしから、それぞれ8pxぼかします。

あとは色やサイズを調整したり、消しゴムで形を整えれば完成です。

お好みで火の粉とかも足すと良いでしょう。

以上、火・炎エフェクトの描き方でした。

CLIP STUDIO:火・炎エフェクトの参考資料

参考資料として、火・炎エフェクトを描き方の資料をまとめました。

CLIP STUDIO:火・炎エフェクトの描き方まとめ

本記事では「【CLIP STUDIO】簡単!火・炎エフェクトの描き方まとめ」について書きました。

下記の4つのステップを抑えておけば、火・炎エフェクトが描けます。

  1. ベースの色でシルエットを描く
  2. 内側の明るい部分を描く
  3. さらに内側の明るい部分を描く
  4. 境界線をぼかす

形を整え、段階のグラデーションを足すことで発光感を出すことで火っぽくなりますね。

火・炎エフェクトを描くことによって属性の表現も容易です。

さらに背景を描かなくても、エフェクトを足すことでよりリッチ感がでます。

簡単なので、ぜひ試してみて下さい!

目次
閉じる