メニュー

Chatwork│Googleカレンダーの予定を通知する方法

Googleカレンダーにスケジュールを入力していています。

しかし作業に集中していると、次の予定を過ぎてしまうことがあります!

あまりにカレンダーの通知に気が付かないので、チャットワークで通知するようにしてみました。

目次

海外でフリーランスをしているテクニカルアーティスト
ゲーム開発・映像制作・WEB制作等を請け負っています。
当ブログは作業効率化のための技術ブログです。

Googleカレンダーの予定を通知する方法

こちらの記事のやり方とコードを使用しています。

カスタマイズ

使いやすいようにいくつかコードを変更しました。

//スプレッドシートに保持するデータ//1カラム目・・・イベントの開始時刻//2カラム目・・・イベントのIDvar EVENT_START_TIME_COLUMN = 1;
var EVENT_ID_COLUMN = 2;
//------------------------------------------//カレンダーにひもづくGmailのメールアドレスvar MAIL_ADDR ="Gmailのメールアドレス";
//ChatWorkのAPIトークン
var CHATWORK_API_TOKEN ="ChatWorkのAPIトークン";
//------------------------------------------
//何分前に通知するか
var WHAT_MINUTES_AGO = 3;
var now;
//チャットワークに開始直前のGoogleカレンダーのイベントを通知します。
//同じイベントを何度も通知しないよう、スプレッドシートに通知済みのイベントを登録します。
function notify(){
//通知日時以内に始まる自分のイベントを取得
now =new Date();
var future =new Date(now.getTime() + (WHAT_MINUTES_AGO * 60 * 1000));
var events = CalendarApp.getDefaultCalendar().getEvents(now, future);
//ChatWorkClientの作成
var client = ChatWorkClient.factory({token: CHATWORK_API_TOKEN});
//スプレッドシートの取得
var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
//通知済みとしてスプレッドシートに記録されているイベントで現在時刻よりも前に開始したものをクリア
clearOldEventOnSpreadSheet(sheet);
//取得できたイベント数分繰り返す
events.forEach(function(event){
//すでに開始済みのイベントをスキップ
if(event.getStartTime().getTime() <= now.getTime()){
return;
}
//通知済みでないイベントをチャットワークに通知
if(alreadyNotifiedEvent(sheet,event) ==false){
Logger.log("イベント:" +event.getId() +"を通知します。");
//★ChatWorkのマイチャットへ通知       
Logger.log(createMessage(event));
var message = createMessage(event);
var room_id ='ルームID';
//client.sendMessageToMyChat(createMessage(event));
client.sendMessage({room_id: room_id, body: message});
var res = client.sendMessage({room_id: room_id, body: message});
// 「未読をつける」メソッドを追加
client.makeMessageUnread =function(room_id, message_id){
returnthis.put("/rooms/" + room_id +"/messages/unread",{"message_id": message_id});
}
//通知済みであることをスプレッドシートに記録
writeEventIdAndStartTime(sheet,event);
// 投稿直後ではAPIが失敗することがあるので、6秒ごとに10回トライする
var err;
for (var i = 0; i < 10; i++){
try{
client.makeMessageUnread(room_id, res['message_id']);
return;
}catch(e){
if (e["errors"] ==="The messages is already marked as unread.")return;
err = e;
Utilities.sleep(6000);
continue;
}
}
throw err;
}else{
Logger.log("すでに通知済みのイベント:" +event.getId() +"をスキップします。");
}
});
}
//ChatWorkへ通知するメッセージの組み立て
function createMessage(event){
var startDate =event.getStartTime();
var endDate =event.getEndTime();
var title =event.getTitle();
varlocation =event.getLocation();
var msg ="【Googleカレンダー通知】";
msg = msg + getDateString(startDate);
msg = msg +"から" + title;
if(location !=""){
msg = msg +"[" +location +"]";
}
msg ="[To:ユーザーID]" + msg +"が始まります";
return msg;
}
//日時の組み立て
function getDateString(date){
var hour = date.getHours();
var minutes = date.getMinutes();
if(minutes == 0){
return hour +"時";
}else{
return hour +"時" + minutes +"分";
}
}
//スプレッドシートに記録されたイベントの中から24時間以上前に開始したイベントを削除し開始時刻順にソート
function clearOldEventOnSpreadSheet(sheet){
//24時間以前の通知を削除
var lastRow = sheet.getLastRow();
for(var row = 1; row <= lastRow; row++){
var startTime = sheet.getRange(row, EVENT_START_TIME_COLUMN).getValue();
var startTimeDate = <span class="synType">Date.parse(startTime);
//イベントの開始時刻が現在時刻よりも後であればクリア
if(startTimeDate < now.getTime()){
//特定行の1,2カラムの値を削除
var range = sheet.getRange(row, 1, 1, 2);
range.clear();
}
}
//スプレッドシートをイベントの開始時刻順にソート
sheet.sort(EVENT_START_TIME_COLUMN);
}
//イベントがすでに通知済みとしてスプレッドシートに記載されていたらtrueを返却
function alreadyNotifiedEvent(sheet,event){
var lastRow = sheet.getLastRow();
for(var row = 1; row <= lastRow; row++){
var eventId = sheet.getRange(row, EVENT_ID_COLUMN).getValue();
//Idがすでにスプレッドシートに登録済みであればtrue
if(eventId ==event.getId()){
returntrue;
}
}
returnfalse;
}
//スプレッドシートにイベントの開始時刻とイベントIDを記録
function writeEventIdAndStartTime(sheet,event){
var lastRow = sheet.getLastRow();
sheet.getRange(lastRow + 1, EVENT_START_TIME_COLUMN).setValue(event.getStartTime());
sheet.getRange(lastRow + 1, EVENT_ID_COLUMN).setValue(event.getId());
}

通知用のグループに投稿

マイチャットに投稿したくないので

事前にGキーを押して、新しい通知用のグループを作成し、ルームIDをメモしておきます。

//client.sendMessageToMyChat(createMessage(event));var message = createMessage(event);
var room_id ='ルームID';
client.sendMessage({room_id: room_id, body: message});

自分にToをつける

通知に気がつくように

msg = msg + "が始まります";

msg = "[To:1234567]" + msg + "が始まります";

通知を未読に

チャットワークAPI経由で投稿した投稿に未読がつかなくなった
仕様変更で残念なことになったので、下記のコードを追加しました。

参考

// 「未読をつける」メソッドを追加 var res = client.sendMessage({room_id: room_id, body: message});
client.makeMessageUnread =function(room_id, message_id){returnthis.put("/rooms/" + room_id +"/messages/unread",{"message_id": message_id});
}
//通知済みであることをスプレッドシートに記録
writeEventIdAndStartTime(sheet,event);
// 投稿直後ではAPIが失敗することがあるので、6秒ごとに2回トライする
var err;
for (var i = 0; i < 2; i++){
try{
client.makeMessageUnread(room_id, res['message_id']);
return;
}catch(e){
if (e["errors"] ==="The messages is already marked as unread.")return;
err = e;
Utilities.sleep(6000);
continue;
}
}
throw err;

追記

このままだと毎回、2回通知されてしまうので下記のコードはコメントアウトすることをおすすめします。

//client.sendMessage({room_id: room_id, body: message});

まとめ

Googleカレンダーの直前通知はいいアイディアだと思って作成してみましたが、APIからの投稿がTOがつかないことで、残念な結果になってしまいました。

ただTOの通知が付くように戻れば、有用なので仕様が戻ることを祈ります。

全記事一覧

  • URLをコピーしました!
目次