Amazonブラックフライデー&サイバーマンデー開催中!

【Category】 VR

すいみん

こちらのCGメソッドの記事ではVR初心者向け!今買うべきおすすめのVRヘッドセットを紹介します!
VRヘッドセット・VRゴーグルは頭に被ってプレイするので、視覚、聴覚に対しての没入感が半端ないです!「ながら」で映像を楽しんでしまうこの時代、もっと刺激的な体験をするならVRをおすすめします!

ねむいねこ

ということで、VRデバイスはたくさんあるように見えますが、用途を考えると明確に絞ることができます。
本記事はおすすめのVRヘッドセットを6つ紹介します!

VRとは?

VRとはVirtual Reality(バーチャル・リアリティー)の略です。
「VRヘッドセット」または「VRゴーグル」を被ることで、頭の動きと映像がリンクし仮想の現実にいるかのような体験ができます!

VRヘッドセット・VRゴーグルの使い道は?

VRが今後も伸びる分野です。
新しい体験ができるだけじゃなく、今後は新しい生き方も体験できるかもしれません。

  • ゲーム:手のデバイスも駆使して新しいゲーム体験ができます!
  • ライブ:サイリウムを降りながら、360度の臨場感あるライブ・コンサートが楽しめます!
  • 映像:超ワイドスクリーンを独り占めできます、NetflixやAmazon Primeなど楽しめます!あとアダルトVR
  • 観光:VRなら例え宇宙にでも行くことができます!360度の世界を体験しましょう
  • コミュニケーション:VRChatが有名ですが、アバターになり世界中の人と話せます。ソードアート・オンラインの世界も近い!

などなど、触覚や嗅覚、味覚などのデバイスも開発されているので、将来は5感を楽しめる体験ができるようになると思います!

eyecatch-oculus-quest-recommended-popular-game-apps 【2020最新】実際に体験!Oculus Questでおすすめの面白い人気ゲームアプリ13選

VRヘッドセット・VRゴーグルの選び方

まずVRデバイスに加えて必要な機器が必要かどうか?3つの選択肢があります。

VRヘッドセット・VRゴーグルの3つのタイプまとめ

  • ① VRデバイスと「スマホ」が必要なもの(スマホVR) 例:ハコスコ
  • ② VRデバイスと「PC」が必要なもの(ハイエンドVR) 例:VIVE Pro
  • ③ VRデバイス(独立型・スタンドアローン)だけで完結するもの 例:Oculus Quest

価格的には
スマホVR(数千円) < スタンドアローン(数万円) < ハイエンドVR(数万~数十万円)
になります。

すいみん

ハイエンドVRはそれなりのスペックのPCが必要なので注意してください

VRヘッドセット・VRゴーグルのトラッキングタイプ「3Dof」と「6Dof」の違い

もうひとつスペックのトラッキング(追跡)機能のタイプ(3Dof / 6Dof)の差が選ぶ決め手になります。※2種類あります。
※DoFとはDegree of Freedom(自由度)の略称です。

  • 3DoF➡頭の回転と傾きをトラッキングできる
  • 6DoF➡頭の回転と傾きに加え、頭の上下左右前後の動きもトラッキングできる

すいみん

基本的には動きの追従する「6Dof」をおすすめします!

以上を踏まえた上で、3つのタイプ(+トラッキング別)にわけて、おすすめのVRヘッドセット・VRゴーグルを紹介します!

現在の世界的「VRヘッドセット」のシェア

参考として今、世界の人が持っているVRヘッドセットの所持データです。
VRヘッドセットを紹介する前に、まず現在のSteamで使われているVRデバイスのシェア(参考:Steam)を調べてみました。
2018年9月~2020年2月に使われたVRデバイスの使用履歴データになります。

参考 Steam ハードウェア & ソフトウェア 調査Steam

すいみん

「PSVR」は入っていませんが、今使われているVRデバイスがほぼ把握できます!
VRヘッドセット シェア(Steam 限定) 発売日 購入可否
Oculus Rift CV1 28.14% 2016年3月 生産中止
Oculus Rift S 26.4% 2019年5月 購入可
HTC Vive 26.14% 2016年4月 生産中止
Windows Mixed Reality(※1) 8.31% 2017年10月 購入可
Valve Index 7.69% 2019年11月 購入可
HTC Vive Pro 2.22% 2019年6月 購入可
HTC Vive Cosmos 0.47% 2019年10月 購入可
Unknown(※2) 0.41% ? ?
Oculus Rift DK2 0.15% 2014年3月 生産中止
Oculus Rift DK1 0.07% 2012年8月 生産中止

※1 Windows Mixed Realityはマイクロソフトと様々なメーカーが提携して発売しています。
※2 含まれるかはわかりませんが、「VIVE Focus」「Mirage Solo」「Pimax 8K Plus」などまだまだ様々なVRデバイスが存在します。

すいみん

上位3機種(Oculus RiftとHTC Vive)で80.68%も締めてますね!初心者はOculus製のVRデバイスを購入すればまず間違いないです!

今買うべきおすすめのVRヘッドセット・VRゴーグル比較7選!

まずは今買うべきおすすめのVRヘッドセットを選別して表にまとめました!

VRヘッドセット 発売日 タイプ 内蔵ストレージ 価格 解像度 視野角 リフレッシュレート ヘッドトラッキング 入力 プロセッサ 重さ
SAMONIC 3D 2018年4月2日 スマートフォン VR 2,580円 スマートフォン依存(の1/8程度) 120度 スマートフォン依存 3DoF スマートフォン依存 約540g
Oculus Go 2018年5月1日 スタンドアロン 32GB / 64GB 19,300円 / 25,700円 2560 × 1440 110度 60fps / 72fps 3DoF ハンドコントローラー(3DoF) Snapdragon 821 約468g
Oculus Quest 2019年5月21日 スタンドアロン 64GB / 128GB 49,800円 / 62,800円 2880 × 1600 110度 72fps 6DoF Oculus Touch Snapdragon 835 約579g
Oculus Quest2 2020年10月13日 スタンドアロン 64GB / 128GB 37,180円 / 49,280円 3664 × 3840 110度 72fps/90fps 6DoF Oculus Touch Snapdragon XR2(865相当) 約503g
PlayStation VR 2016年10月13日 PlayStation 4 34,980円 1980 × 1080 100度 90fps / 120fps 6DoF PlayStation Move PlayStation 4 / PlayStation 4 Pro 約610g
Oculus Rift S 2019年5月21日 ハイエンドPC 49,800円 2560 × 1440 115度 80fps 6DoF Oculus Touch PC依存 約559g
HTC VIVE Cosmos 2019年10月11日 ハイエンドPC 98,870円 2880 × 1600 110度 90fps 6DoF VIVE コントローラー PC依存 約651g
HTC VIVE Pro Eye 2019年6月28日 ハイエンドPC 179,168円 2880 × 1600 110度 90fps 6DoF Vive Controller / Vive Tracker PC依存 約?g

すいみん

おすすめは一番バランスが良くて、将来性もある「Oculus Quest(オキュラス Quest)」です!

スマホで手軽にVR体験するならこちら!「SAMONIC 3D」(スマホVR・3Dof)

スマホを刺してVR映像を体験できます。一番安価なタイプ。
とりあえずVRを体験したい人向けと言われますが、本音を言わせてもらうと簡単なスマホVRじゃなくて、ちゃんとしたVRデバイスでVRを体験してほしいです!

そしてトラッキングの精度も限界があり、ズレがあると酔いやすいのでご注意!(すいみんは乗り物酔いしやすいのでスマホVRは基本的にだめでした。)

ちなみにスマホVRを買うなら、おすすめすは一番売れていて、コスパ・性能的におすすめできる下記デバイスです。

すいみん

使っていたのですが、乗り物酔いしやすい人

VR映像だけを楽しみたいならこちら!「Oculus Go」(スタンドアロン・3Dof)

PCの必要ないスタンドアロンタイプ。、2万円台から買えるVRヘッドセットです。
主に映像(※)を楽しむのであればおすすめです。
部屋を動き回ることはカスタマイズしない限り難しいですが、VR入門機としてはおすすめです!

※もちろんDMMやAmazonプライムなどのVR映像も楽します。
※トラッキングデバイスのNOLO CV1をつければ6Dof化も可能ですが、それをするなら次の「Oculus Quest」を買ったほうがよいです。

PC無しでVRを堪能したいならこちら!「Oculus Quest2」(スタンドアロン・6Dof)

個人的に一番おすすめするVRヘッドセットです。
PCの必要ないスタンドアロンタイプ。部屋の中を動き回ってVRゲームをプレイできます!
今後の拡張も期待できる革新的なVRデバイスです!

すいみん

是非Beat Saberを思いっきり体験しましょう!

ちなみに実はPCと接続もできるので実は様々なハイエンドPC版VRゲームも体験できます。

eyecatch-oculus-link-setup 【OculusQuest】PC版VRを体験!Oculus Link(オキュラスリンク)の使い方

すいみん

「Oculus Quest」に関して、いろいろ役立つ記事を書いてます!


oculus-quest-summary-article

Oculus Quest関連まとめ

コンシューマゲーム好きならこちら!「PlayStation VR」(ハイエンドVR・6Dof)

PlayStation 4を持っている人向けのVRヘッドセットです。
クオリティの高いVRゲームを体験したいならおすすめです。
是非「サマーレッスン」や「バイオハザード7」を体験しましょう!

定番のハイエンドVRを堪能したいならこちら!「Oculus Rift S」(ハイエンドVR・6Dof)

PC(※)を使ったVRヘッドセットで一番コスパが良いVRヘッドセットです。
※VR対応スペックのPCが必要です。

もし「VRチャット」を楽しんでみたい方は、こちらのVRデバイスをおすすめします。安定した環境でプレイできます。

すいみん

余談ですが、比較的安価でセッティングが楽なのでVRの展示にも使えます。
ゲームなどを開発するのであれば Oculus Rift Sを基準機にして良いと思います。

部屋の中を自由に動いて遊ぶならこちら!「HTC VIVE Cosmos」(ハイエンドVR・6Dof)

VIVEの最新のCosmosシリーズ。
とうとうベースステーションを必要としなくなりました。
めんどくさかったセッティング無しに部屋を動き回れます。(※もちろん従来のVIVEのデバイスも対応予定あります。)
約10万円と高級機でスペック申し分ないです。ただこのへんになるとVR開発したい人向けの機種になります。
(※ただし開発者を目指すのであれば次のHTC VIVE Pro Eyeをおすすめします)

最高の「VTuber」を作るための足がかり!「HTC VIVE Pro Eye」

参考 新VIVE PROHTC VIVE Pro Eye

ヘビーVRユーザーのニーズを満たすように構築されたVIVE Proシリーズ。
最高クラスのグラフィクスとオーディオ機能を備えています。
そしてアイトラッキングできます!(口以外はすべてトラッキングできる!)
もVTuberでクオリティを最高に突き詰めたい!と思ったら、間違いなくこちらを買います。
ただし周辺機器も含め買い揃えると100万はかかるのではないでしょうか?(Vive トラッカーやVR用展示用ノートPCなど)

VR初心者向け!今買うべきおすすめのVRヘッドセット

まとめです!

すいみん

おすすめは一番バランスが良くて、将来性もある「Oculus Quest(オキュラス Quest)」です!


oculus-quest-summary-article

Oculus Quest (オキュラス クエスト)のおすすめのカスタマイズまとめ

実は2018年前後に両手で収まるくらいの回数のVRハッカソンによく参加していまして(アセット系作ってました)
いろいろな最新デバイスをくっつけて良く遊んでいました。

VRは本当に没入感が半端ない体験ができます。
そして視野と解像度の高いVRデバイスやハプティクス(触力覚技術)なデバイスも増えてきたので今後も凄く楽しみです。

是非、VRヘッドセットを所持してみて、あたらしい世界を体験してみてください。