メニュー

【AviUtl】複数の動画をH264でエンコードする方法

AviUtlは細かくエンコード設定できるので重宝しています。
まとめて動画をエンコードすることも増えてきたので、複数処理する方法を調べてみました。

目次

動画をH264でエンコードを導入する方法

やりかたは別記事に記載しております。H264でエンコードできるようにしましょう

複数の動画をH264でエンコードする方法

  1. viUtlに動画を読み込み、H264(x264guiEx出力)でエンコード設定してみます。

  2. 登録後、保存ボタンを押さずに、バッチ登録を押します。(押すとAviUtlの場所にbatch0.aupろいうでデータが生成されます)

  3. ファイル>バッチ出力を起動して、バッチ出力リストに先程登録したバッチがあるので確認後、開始ボタンでエンコードします(終了後、batch0.aupは自動で削除されます)

AviUtlの参考記事

H264の設定はこちらの記事を参考

AviUtlの易しい使い方
【AviUtl】バッチ登録の使い方【一括出力】
【AviUtl】バッチ登録の使い方【一括出力】AviUtlの「バッチ登録」機能の使い方について紹介します。バッチ登録とは?バッチ登録は、複数の動画を連続でエンコードできる機能です。例えば、 A.auf B.aufという2つの...

複数の動画をH264でエンコードする方法まとめ

AfterEffectsでH264を直接エンコードできないので、AviUtlでエンコードすることがおおいです。
本記事の設定で複数の動画をまとめてエンコードしちゃいましょう。

あわせて読みたい
【AviUtl】非圧縮AVIをまとめて軽いAVI(Ut Video)へエンコードする方法
【AviUtl】非圧縮AVIをまとめて軽いAVI(Ut Video)へエンコードする方法可逆圧縮コーデックとは、圧縮したデータを元に戻したときに、データを劣化なく完全に元に戻すことができるコーデックということで大量に重たいAVI動画を頂いた時は、HD...
あわせて読みたい
【AviUtl】フォルダ内の全動画を1クリックでエンコードできるようにするプラグイン[AviUtl Control]
【AviUtl】フォルダ内の全動画を1クリックでエンコードできるようにするプラグイン[AviUtl Control]H264のエンコードというえばAviiUtl!まとめて処理するならバッチ処理なんですが、そもそもバッチ処理登録すら面倒なので、プラグインをいれるとフォルダ内の動画を1発...
あわせて読みたい
【AviUtl】カクついた動画をフレーム補間して修正する方法
【AviUtl】カクついた動画をフレーム補間して修正する方法カクついたモーションをフレーム補完で修正する検証。24fps→60fps(2.5倍)ギリ使えそうな技術。#AviUtl #FaceRig #Live2D pic.twitter.com/WOmPN2IhLa— すいみん...

以上、すいみん(@cg_method)でした!

この記事も読まれてます

目次
閉じる