メニュー

【AviUtl】複数の動画をH264でエンコードする方法

AviUtlは細かくエンコード設定できるので重宝しています。

まとめて動画をエンコードすることも増えてきたので、複数処理する方法を調べてみました。

目次

AviUtlで単体の動画をH264でエンコードを導入する方法

やりかたは別記事に記載しております。

H264でエンコードできるようにしましょう

AviUtlで複数の動画をH264でエンコードする方法

複数の動画の場合はバッチを使います。

そのやり方を解説します。

STEP

エンコード設定

AviUtlに動画を読み込み、H264(x264guiEx出力)でエンコード設定してみます。

STEP

バッチ登録

登録後、保存ボタンを押さずに、バッチ登録を押します。

押すとAviUtlの場所にbatch0.aupというでデータが生成されます。

STEP

バッチの起動

ファイル>バッチ出力を起動して、バッチ出力リストに先程登録したバッチがあるので確認後、開始ボタンでエンコードします。

※終了後、batch0.aupは自動で削除されます

AviUtlの参考記事

H264の設定はこちらの記事を参考

AviUtlで複数の動画をH264でエンコードする方法まとめ

AfterEffectsでH264を直接エンコードできないので、AviUtlでエンコードすることがおおいです。
本記事の設定で複数の動画をまとめてエンコードしちゃいましょう。

この記事も読まれてます

目次
閉じる