メニュー

【Audition】音量を均一!音声データをまとめてノーマライズ調整する方法

本記事ではまとめて音声データを調整する方法を紹介します。

AuditionはPremireと連携可能なソフトです!

ちゃんとした収録機材を持っていない場合、音声編集ソフトでノイズやら音量やらを根性で調整できます。

すいみん

今回Adobe Audition CCを初めて使ってみて、ノイズを取るのが非常に優秀な機能があるので気に入りました。

目次

Auditionの音声調整方法

最低限、聞きやすい音になるように調整します。

無音をカット

使わない音声はカット

選択範囲を選択して右クリック>無音

ノーマライズして音量幅を均一に

全体の音量調整をします。

テンプレート>-3dBにノーマライズ

音声のノイズ取り

サーッというノイズが綺麗に取り除けます。

ショートカット覚えておくと一瞬で処理できます。

  1. ノイズの範囲を選択して エフェクト>ノイズリダクション/リストア>ノイズプリントをキャプチャ(Shift+P)
  2. 全体を選択して、ノイズリダクション(プロセス)(Ctrl+Shift+P)

部分の音量調節

音を大きくしたり、小さくしたり調整

範囲を選択して、エフェクト>振幅と圧縮>振幅

リバーブ

いろいろな部屋のプリセットがあるので選択しましょう。

エフェクト>リバーブ>フルリバーブから

リバーブを消す

ノイズを消しすぎると部分的にリバーブかかったような音声になるので、抑えます。

ノーマライズ調整する方法

  1. エフェクト>振幅と圧縮>ダイナミックス操作>カーブを下げ目に
  2. エフェクト>振幅と圧縮>ノーマライズ

音量を均一!音声データをまとめてノーマライズ調整する方法まとめ

本記事では「【Audition】音量を均一!音声データをまとめてノーマライズ調整する方法」について書きました。

もしAdobeのCreativeCloudを契約していて、音量を調整する場合は「Audition(オーディション)」が便利です!

この記事も読まれてます

目次
閉じる