【Animaze】簡単!iOS版「Animaze Avatar by FaceRig」の使い方

Holotech Studiosが2020年9月1日「FaceRig」の後継版となる「Animaze」を発表されました。

まだSteam版はβ版(現在CBT開催中)ですが、FaceRigとどう違うのか?

そして気になるFaceRigで使っている自作Live2Dは使えるのか?

本記事では「iOS版「Animaze Avatar by FaceRig」の使い方」についてまとめてみようと思います。

この記事の著者
CGブロガー すいみん

CGブロガー

すいみん

Suimin

プロフィール

某美大の油絵科を卒業後、大手CG映像プロダクションに入社。
その後ゲーム業界に転職。
現在は技術系のCGデザイナーをしています。 書籍:Unity デザイナーズ・バイブル
プロフィール詳細はこちら

iOS版「Animaze Avatar by FaceRig」について

AppStoreから「Animaze」で検索するとアプリをインストールできます。

Animaze Avatar by FaceRig

Animaze Avatar by FaceRig

Holotech Studios, Inc.無料posted withアプリーチ

iOS版はWebカメラより高精度のフェイストラッキングができる iOSの「ARKit」の技術が使われているタイプです。

iOS版「Animaze Avatar by FaceRig」の使い方

簡単にメニュー画面について解説していきます。

ホーム画面操作

  • タップ:モデルの移動ガイドが表示されます
  • 長押し:モデルが初期位置にリセットされます
  • WEBカメラパネル:「キャリブレーションする」からフェイストラッキングの調整ができます
  • 録画ボタン:動画と静止画で切り替えて録画することができます

右側のメニュー

  • Gold Shop:課金アイテムが表示されます
  • 見つける:投稿された動画が見れます。右上のメニューから「Animazeに提出」で動画投稿できます!
  • リワード:シェアしていくとアプリ内通貨を入手することができます。
  • 設定:PC版に接続したりサブスクリプションの管理ができるメニューになります

フッターメニューについて

  • 声:自分のボイスを加工することができるようになります。
  • アバター:アバターの切り替えや購入することができます
  • 背景:背景の切り替えができます。自分で好きな背景を取り込む事も可能です
  • アニメーション:モデルに仕込んでいるアニメーションをメニューから再生することが可能です

自作Live2DをiOS版「Animaze Avatar by FaceRig」で表示する方法

STEP.1
Live2Dアバターをインポート
Animaze Editorを起動してLive2Dアバターをインポートします。

STEP.2
QRコードを発行
Animaze Editorから接続 → 開始ボタンを押してQRコードを発行します。

STEP.3
QRコード読み取りでPC接続

iOS版のアプリ起動を起動しましょう。

設定>接続>サブスクリプションの購入

その後にカメラが起動しますので、先に発行したQRコードを読み取りするとPC版との接続が完了です。

STEP.4
デバイスに送信
Animaze EditorからLive2Dモデル選択して右クリックから「デバイスに送信」

STEP.5
自作アバター選択
送信後、携帯の方で送信データを許可するかポップアップがでるので許可しましょう。

そしてそのままだとアバターメニューに表示されませんでしたので、一度アプリを落として、再起動後にアバターメニュー自作モデルが登録されています!

以上で自作Live2DをiOS版で表示する方法は完了です

「Animaze Avatar by FaceRig」の使い方まとめ

本記事では「簡単!iOS版「Animaze Avatar by FaceRig」の使い方」を紹介しました。

iOS版はWebカメラより高精度のフェイストラッキングができる iOSの「ARKit」の技術が使われているので、より精細な表現ができると思います。
是非ためしてみてください。

すいみん

今後も機能が追加されましたら追記していきます!

以上、すいみん(@cg_method)でした!