CG・映像デザイナー技術ブログ

【AfterEffects】Trapcode Particular+Element 3Dを使ったパーティクル

eyecatch_after_effects

今回はプラグインを使ってみました。

3Dソフトのパーティクルを使わなくても、立体的な動きがでるかのテストです。

プラグイン

  • Trapcode Particular

3Dパーティクルを作成するプラグイン 。とりあえずこれだけでも買っておいたほうが良いと言われるプラグインです。

  • Element 3D

3D描画プラグイン。OBJを読み込んでアニメーション・シェーディング・ライティングをつけることができます。

パーティクルの素材

コンポジションを作成して、Element3Dを使って、バナナ(プリセットにあるもの)を作成しました。

さらに複数バリエーションを作成(回転させたり)して、並ばせます。

パーティクルの作成

パーティクルの素材を非表示でおいて、パーティクル(Trapcode Particular)を作成します。

パラメータはお好みですが、1点だけ設定したいのは

Texture>Time Sampling>Random – Still Frameです。

元素材のコンポジションからランダムで一つのフレームを選択し、そのフレームを静止画像として粒子に使用します。

以上です。

静止画ではなく動画を参照する方法

書いてて気が付きましたが、パーティクル素材をElement 3Dを用いたループアニメーションさせて、

パーティクルは Split Clip – Loop(ランダムで一つのクリップを選択し、ルーピング)にするとさらに良さそうです。

上記は静止画ですが、こちらは動画を参照します。

参考

参考記事のタイトルとURLを入力してください” site=”Quick Effects plus:QE+ Blog” target=”_blank” rel=”nofollow”]

以上、すいみん(@cg_method)でした!

After Effectsに関する参考記事・ツール・書籍のまとめ

After Effectsに関する記事を下記にまとめました。



aftereffects-summary-article


作業効率化!After Effectに関する動画制作まとめ

After Effectsのソフトウェア購入


eyecatch-buy-adobe-creative-cloud
【Adobe Creative Cloud】最安!アドビ認定スクールから購入する方法(+講座付き)

After Effectsの参考書籍

assistant すいみん

最初の教科書にするならこの本です!

assistant すいみん

この本見ながらエフェクトを触っているとより身につきます!

assistant すいみん

Premiere Pro版もあります。YouTuber向け!

assistant すいみん

このシリーズ3冊あるのですが、アニメの技法って特殊で面白いので引き出しを増やしたい方向けに!

After Effectsの参考書籍

assistant すいみん

AfterEffects慣れてくると効率化も考えるようになると思いますが、まずはエクスプレッションを覚えましょう!