CG・映像デザイナー技術ブログ

【AfterEffects】起動に関するTIPSまとめ!『複数起動』『英語版起動』『指定バージョン常時起動』

eyecatch-aftereffects-starts-up-setting

assistant すいみん

こちらのCGメソッドの記事ではAfterEffectsの起動に関するTIPSをまとめました!
この記事の著者
CGブロガー すいみん

CGブロガー

すいみん

Suimin

プロフィール

某美大の油絵科を卒業後、大手CG映像プロダクションに入社。
その後ゲーム業界に転職。
現在は技術系のCGデザイナーをしています。 書籍:Unity デザイナーズ・バイブル
プロフィール詳細はこちら

AfterEffectsの複数起動

ショートカットにオプション「 -M」を追加しておくと、AEの複数起動することができます。

AfterEffectsの英語起動

ショートカットにオプション「 -L en_US」を追加しておくと、英語版で起動することができます。

ポイント
もう一つやり方がありましてドキュメントフォルダC:Usersユーザー名Documentsae_force_english.txtという名前のテキストファイルを入れると英語で起動します。
※一時的に英語で起動したい場合に便利です!

指定バージョン常時起動

After Effects CC2017より古い、たとえばCS6のデータを起動しないといけない時にダブルクリックするとCC2017が立ち上がってしまう!

ファイルの関連付けを直そうにも候補が出ない!

その問題の原因はAfterEffects(以下AE)はバージョンに関わらず、すべてファイル名が「AfterFX.exe」です。

ですのでAEを複数インストールしていても、関連付けの候補は一つしかでてこないという現象が起きます。

※古いバージョンに起こる現象です。最近のバージョンはインストール時にリネームされたショートカットが自動で作成されています。

では早速「.aep」を古いバージョンのAEで起動するように関連付けしてみます。

  1. AfterFX.exeをリネームしたショートカット(例えば Adobe After Effects CS6.exe)を作成しましょう
    C:Program FilesAdobeAdobe After Effects CS6Adobe After Effects CS6.exe
    
  2. ショートカットに対して関連付け
    .aepを選択、右クリック>「プログラムから開く」>別のプログラムを選択して、任意のAEのバージョンに関連付けすることで
    いつでも任意のバージョンから起動することができるようになります!

AfterEffectsの起動に関するTIPSまとめ!

以上です!

特に複数起動は超便利なので是非、設定してみてください!

以上、すいみん(@cg_method)でした!

After Effectsに関する参考記事・ツール・書籍のまとめ

After Effectsに関する記事を下記にまとめました。



aftereffects-summary-article


作業効率化!After Effectに関する動画制作まとめ

After Effectsのソフトウェア購入


eyecatch-buy-adobe-creative-cloud
【Adobe Creative Cloud】最安!アドビ認定スクールから購入する方法(+講座付き)

After Effectsの参考書籍

assistant すいみん

最初の教科書にするならこの本です!

assistant すいみん

この本見ながらエフェクトを触っているとより身につきます!

assistant すいみん

Premiere Pro版もあります。YouTuber向け!

assistant すいみん

このシリーズ3冊あるのですが、アニメの技法って特殊で面白いので引き出しを増やしたい方向けに!

After Effectsの参考書籍

assistant すいみん

AfterEffects慣れてくると効率化も考えるようになると思いますが、まずはエクスプレッションを覚えましょう!