メニュー

【AfterEffects】起動に関するTIPSまとめ!『複数起動』『英語版起動』『指定バージョン常時起動』

すいみん

こちらのCGメソッドの記事ではAfterEffectsの起動に関するTIPSをまとめました!
目次

AfterEffectsの複数起動

ショートカットにオプション「 -M」を追加しておくと、AEの複数起動することができます。

AfterEffectsの英語起動

ショートカットにオプション「 -L en_US」を追加しておくと、英語版で起動することができます。

ポイント

もう一つやり方がありましてドキュメントフォルダC:Users\ユーザー名\Documentsae_force_english.txtという名前のテキストファイルを入れると英語で起動します。
※一時的に英語で起動したい場合に便利です!

指定バージョン常時起動

After Effects CC2017より古い、たとえばCS6のデータを起動しないといけない時にダブルクリックするとCC2017が立ち上がってしまう!

ファイルの関連付けを直そうにも候補が出ない!

その問題の原因はAfterEffects(以下AE)はバージョンに関わらず、すべてファイル名が「AfterFX.exe」です。

ですのでAEを複数インストールしていても、関連付けの候補は一つしかでてこないという現象が起きます。

※古いバージョンに起こる現象です。最近のバージョンはインストール時にリネームされたショートカットが自動で作成されています。

では早速「.aep」を古いバージョンのAEで起動するように関連付けしてみます。

  1. AfterFX.exeをリネームしたショートカット(例えば Adobe After Effects CS6.exe)を作成しましょう
    :¥Program Files¥Adobe¥Adobe After Effects CS6¥Support Files¥AfterFX.exe
    
  2. ショートカットに対して関連付け
    .aepを選択、右クリック>「プログラムから開く」>別のプログラムを選択して、任意のAEのバージョンに関連付けすることで
    いつでも任意のバージョンから起動することができるようになります!

AfterEffectsの起動に関するTIPSまとめ!

以上です!

特に複数起動は超便利なので是非、設定してみてください!

目次
閉じる