メニュー
Kindle9周年!読み放題が3か月199円!詳しく見る

【After Effects】.aepを入れるだけでレンダリング!監視フォルダー機能の使い方

AEではなくAdobe Media Encoderの監視フォルダー機能を使って、レンダリングします。

指定したフォルダーに.aepを入れるだけで、バックグラウンドでレンダリングしてくれるので便利です。

目次

.aepを入れるだけでレンダリング!監視フォルダー機能の使い方

.apeデータの設定

レンダリングしたいコンポを階層の最上位にしておくこと。

※最上位のコンポは全てレンダリングされてしまうので、したくないものはフォルダーに入れておくこと

※上記の場合 3.フィルターのコンポだけレンダリングされます。

出力したいフォルダーに.aepを入れる

入れるだけでOK

Adobe Media Encoderを起動

※監視フォルダー機能はCC2014以降

監視フォルダーの設定

監視したいフォルダーのパスとレンダリング設定を指定

キュー>監視フォルダーを自動エンコードにチェック

チェックをいれたらレンダリングは始まります。終わった時点で2つのフォルダが生成されます。

  • ソース → レンダリングが終わった.aep
  • 出力 → 動画

以上。

一度設定すれば、このフォルダに入れるだけでレンダリングされるようになります。

うまく使えば、レンダリングを待たずに他の作業をすることができます。

» イトウ先生のTips note【AfterEffects CC 2014】監視フォルダーの使い方 −株式会社ボーンデジタル ブログ

目次
閉じる