メニュー

【AfterEffects】キャラクターリグ(IK)を入れる方法 [DuIK]

eyecatch_after_effects

AEでもIKを入れる方法。

やり方は簡単でDuIKというスクリプトとパペットツールを使うだけです。

目次

IKの入れ方

  • ウインドウから『DuIK』を起動しておく

  • 関節に当たる場所にパペットツールでピンを打つ

  • ピンを選択して、『Bones』ボタン
  • ピンの場所にヌル(骨と呼ぶことにします)ができるので各骨をリネーム
  • コントローラーを付けたい場合は付けたい骨を選択(足首や手首)して、『Controllers』ボタンをおしてシェイプを作成しておく

  • ピンの先端から最後にコントローラーを選択して、『IK』ボタン。これでIKが仕込まれます。FKに変えたり、ストレッチを入れたりすることもできます。

セットアップ

最後に各コントローラーを親子付して完成

R_Hand_Controller

L_Hand_Controller

R_Foot_Controller

L_Foot_Controller

Coller_Controller

Neck_Controller

Spine_Controller

Hips_Controller

Face

チュートリアル

チュートリアルのサンプルデータ

Dropbox – Character Rig.ai

After Effectsに関する参考記事・ツール・書籍のまとめ

After Effectsに関する記事を下記にまとめました。

After Effectsのソフトウェア購入

After Effectsが学べるスクール

After Effectsの参考書籍

すいみん

最初の教科書にするならこの本です!

すいみん

この本見ながらエフェクトを触っているとより身につきます!

すいみん

Premiere Pro版もあります。YouTuber向け!

すいみん

このシリーズ3冊あるのですが、アニメの技法って特殊で面白いので引き出しを増やしたい方向けに!

After Effects エクスプレッションの参考書籍

すいみん

AfterEffects慣れてくると効率化も考えるようになると思いますが、まずはエクスプレッションを覚えましょう!

この記事も読まれてます

目次
閉じる