メニュー

【AfterEffects】カメラマッピングのやり方

eyecatch_after_effects

AEでカメラマッピングできないか調べてみましたら、チュートリアル見つけましたので試してみました。

www.videocopilot.net

少し手間ですが、結構面白いのでどこかで使ってみたい表現です。

目次

海外でフリーランスをしているテクニカルアーティスト
ゲーム開発・映像制作・WEB制作等を請け負っています。
当ブログは作業効率化のための技術ブログです。

使う機能について

3Dレイヤーにして、ライトを置き、『シャドウを落とす』をオンにすれば、影が落ちるようになります。

この時に『ライト透過』を100%にすると黒い影ではなく画像自身が投影(プロジェクション)されるようになります。

 

やり方

  • 背景画像とライト(ポイントライト・シャドウをオン)とカメラを作成。
  • 白平面(床)を作成。背景画像と平面は3Dレイヤーに
  • カメラ、ライト、背景画像の位置をすべて同じにする。
  • AAを2回押して、マテリアルオプションを設定

<背景画像>

シャドウを落とす → 効果のみ

ライト透過 → 100%

<白平面(床)>

ライトを受ける → オフ

  • 白平面(床)Z位置を調整して、画像が投影されていることを確認(※白平面(床)とカメラ位置が同じだと投影できない)そこから更にスケールを調整してコンポジション似合わせる
  • 白平面(床)にエフェクト『グリッド』を適用し、方向や位置、スケールを調整して背景画像の床面とパースを合わせる
  • 白平面(床)を2つ複製して、方向Y90度に回転して、左右の壁位置とあわせる。最後に3つの平面のスケールを動かして奥行きを調整(左右と床の位置が合わないとカメラアニメーションがずれてしまう。)

  • もう一つ白平面(床)を複製し、トランスフォームをリセット。トップビュー表示から左右と床の奥行きの終わりの位置まで移動させる

  • 最後に微調整(※4つの白平面の奥行きはすべて揃えた状態にすること)してカメラアニメーションをつける

全記事一覧

  • URLをコピーしました!

After Effectsに関する参考記事・ツール・書籍のまとめ

After Effectsのソフトウェア購入

After Effectsが学べるスクール

After Effectsの参考書籍

最初の教科書にするならこの本です!

この本見ながらエフェクトを触っているとより身につきます!

著:石坂アツシ, 著:大河原浩一, 著:笠原淳子
¥5,500 (2023/01/14 06:36時点 | Amazon調べ)

Premiere Pro版もあります。YouTuber向け!

このシリーズ3冊あるのですが、アニメの技法って特殊で面白いので引き出しを増やしたい方向けに!

著:大平 幸輝
¥3,520 (2023/01/14 06:36時点 | Amazon調べ)
著:大平幸輝
¥4,180 (2023/01/14 06:36時点 | Amazon調べ)
著:大平 幸輝
¥4,389 (2023/01/14 06:36時点 | Amazon調べ)

After Effects エクスプレッション・スクリプトの参考書籍

AfterEffects慣れてくると効率化も考えるようになると思います。
エクスプレッション・スクリプトも覚えましょう!

著:古籏 一浩, 著:あかつきみさき
¥4,730 (2023/01/13 13:42時点 | Amazon調べ)
著:古籏 一浩, 著:あかつきみさき
¥3,300 (2023/01/13 13:42時点 | Amazon調べ)
目次