メニュー

【3ds Max】初期設定から変更!おすすめの環境設定方法

すいみん

3ds Maxの環境設定ってどこを変更したら良いのか迷いますよね?

本記事では3ds Maxの初期設定から変更すべきおすすめの環境設定方法を紹介します。

是非一度、環境設定を見直してみてください。

目次

3ds Maxのおすすめの環境設定の保存場所

まずは環境設定のデータの場所を把握しておきましょう。

設定

モディファイアセットなどの設定は下記に表示されます。

C:Users\namae\AppData\Local\Autodesk\3dsMax2017 - 64bitJPN3dsmax.ini

リスナーにgetMaxIniFile()を打つとパスが表示されます。

ショートカット設定

C:Users\namae\AppData\Local\Autodesk\3dsMax2017 - 64bitJPNja-JPUIMaxStartUI.kbdx

3ds Maxのおすすめの環境設定

カスタマイズ>基本設定から

元に戻す回数

20→99に

参照座標システム

一定にチェック

移動・回転・スケールのツールごとに参照座標系が変わるのはわかりづらい!

3ds Maxのグリッド/スナップ

ツール>グリッド/スナップ>グリッド/スナップの設定

  • スナップタブ>頂点にチェック
  • ホームグリッド>グリッド間隔を1cmに

3ds Maxのショートカット

カスタマイズ>ユーザインタフェースから

名前を付けて保存

File>名前を付けて保存 Ctrl+Shift+Sに

オブジェクト選択

Selection>オブジェクト選択 Qに

3ds Maxのパースカメラの画角変更方法

モデリングする時に必要な設定です!

デフォルトだとパースカメラは視野45度でレンズ43.456mm

この画角だとモデリング時にやりずらいので、視野20度(レンズ102.083mm)くらいに変更してやります。

画角変更方法

  • パースビュー>規定のシェーディング>ビューポート設定と基本設定
  • パースの視野 45→20に

スクリプトで変更するならviewport.SetFOV 20

3ds Maxのオブジェクト選択『Q』を押しても、選択領域方法は変更しないようにする方法

オブジェクト選択のショートカットキー『Q』をよく押すのですが、デフォルト環境だと選択領域までキーを押すたびに変化してしまいます。
『スマート選択』というショートカットという名前らしいのですが、 短形選択領域以外めったに使わないのでショートカットを『オブジェクト選択』に変更してやります。

  • カスタマイズ>ユーザーインターフェイスをカスタマイズ
  • カテゴリ>Selection
  • 『オブジェクト選択』の項目を探して、ショートカット『Q』を割り当てる

[応用]オブジェクト選択(Q)をMAYAと同じ挙動にする方法

ついでにMax Scriptも少し勉強。

データ収集

  • F11を押してMaxScriptリスナーを起動
  • マイクロレコーダーを使用可能にして、行動を記録
  • オブジェクト選択

actionMan.executeAction 0 "50027" -- Selection: オブジェクトを選択

  • サブオブジェクトからオブジェクトモードに変更

subobjectLevel = 0

記録取ったら、テストして適当に動くか確認

記述

スクリプト>新規スクリプトから

macroScript ObSel
buttontext:"ObSel"
category:"# Scripts"
(
actionMan.executeAction 0 "50027"  -- Selection: オブジェクトを選択
subobjectLevel = 0 -- オブジェクトモードに
)

と記述して、

C:Users\ユーザー名\AppData\Local\Autodesk\3dsMax2017 - 64bitJPNusermacros

へ保存

ショートカットの割当

カスタマイズ>ユーザーインタフェースをカスタマイズから# Scriptsをカテゴリー(# Scripts)を選択して、ホットキー(Q)を割りあてる。

これでQを押すと、mayaのオブジェクト選択と同じような挙動になります。

以上、すいみん(@cg_method)でした!

この記事も読まれてます

目次
閉じる