【Unity】ユニティちゃんトゥーンシェーダーについて

unity-chan-toon-shader

以前から気になっていた「ユニティちゃんトゥーンシェーダー」を触ってみました。

トゥーンやセルルックは求めるルックをちゃんとイメージしてないと時間の消費が半端ないので、1時間と決めて、最小限でしか触ってませんのであしからず。

スポンサーリンク

モデルの準備

モデル「キズナアイ」

最近流行りのキズナアイ。じつは2016年のクリスマスに、このモデルをダウンロードしたことを覚えてます。。。

download-page – Kizuna AI Official Website

ライセンス表記:@Kizuna AI

ユニティちゃんトゥーンシェーダー2.0

中の「UTS2_ShaderOnly_v2.0.3.unitypackage」のシェーダー部分だけ使用します。

ユニティちゃんトゥーンシェーダー2.0 – ダウンロード – UNITY-CHAN! OFFICIAL WEBSITE

ライセンス表記:© Unity Technologies Japan/UCL

スポンサーリンク

テクスチャの準備

f:id:min0124:20180108164124p:plain

まず影用のテクスチャをばっと作ります。

目関係以外のテクスチャをPhotoshopで開き、明るさ・コントラストをかけます。(それぞれ_darkと命名)

f:id:min0124:20180108164328p:plain

スポンサーリンク

マテリアルの作成

顔用にマテリアルを作成(face_toon)します。

f:id:min0124:20180108164404p:plain

種類が多いのですが、Toon_DoubleShadeWithFeatherを選択

スポンサーリンク

マテリアルの調整

カラー

f:id:min0124:20180108165814p:plain

  • BaseMapにface、1st_ShadeMap,2nd_ShadeMapにはさきほど作ったface_darkをアサイン

  • BaseColor_Step (0.3)をステップを決めて、Tweak_SystemShad( 0.4)を調整。シーンビューとゲームビューを見ながら調整(両者に誤差がでるとやりずらい。。。)

  • ShadeColor_Step 影のステップは0に

  • Vase/Shade_Feather ここに値を入れると光と影の境界線がやわらかくなります。

ハイライト

テカり。肌や、布、金属と質感ごとに設定

f:id:min0124:20180108165915p:plain

  • Is_SpecularToHighColor チェック
  • Is_BlendAddToHiColor チェック
  • HighColor_Powerをお好みで調整(0.06)

リムライト

回り込み用。立体感がでる。お好みで

f:id:min0124:20180108165850p:plain

  • RimLight チェック

  • RmiLightColor 肌色の暗めの色を入れる

  • RimLight_Power( 0.1) お好みで調節

ライン

f:id:min0124:20180108170935p:plain

業務で使うとしたら断然「Pencil+ 4 Line for Unity」なのでしょうが、試しに使ってみます。

  • Outline_Samplerにただの白テクスチャをアサイン

  • Outline_Width 線の太さ

  • Outline_Color 線の色

ラインの調整

f:id:min0124:20180108171046p:plain

白目部分に線がでてしまったので、ここだけでないようにテクスチャを加筆します。

f:id:min0124:20180108171339p:plain

スポンサーリンク

他のパーツのマテリアル作成

f:id:min0124:20180108171638p:plain

さきほどのマテリアルを複製して、それぞれ同様にテクスチャを当てはめてアサインします(服・体など)

※目はそのまま

※髪の毛のラインは顔と同じにすると太すぎなので2くらいにしました。

スポンサーリンク

プレビュー

ざっくりですが、元のベースからちゃんとライティングが反映されています。

f:id:min0124:20180108172150g:plain

ライト回すとこんな感じ

f:id:min0124:20180108173027g:plain

スポンサーリンク

まとめ

あとはテクスチャとマテリアルを質感・部分ごとに調整して、

ライティングもいい感じにして、

カメラにポストエフェクトなどつけて、手を加えていくとどんどん絵面が良くなると思います!

コメント