MENU

【Unity】自動で画像を9スライス化「OnionRing」の紹介

unity-9slice

Unityに画像を入れると、自動で9スライス用の画像を生成してくれる「OnionRing」を試してみました。

9スライスとは

スプライトの途中を繰り返して伸ばす機能です。

詳細はこちらの記事がわかりやすいです。

tsubakit1.hateblo.jp

サンプルデータのダウンロード

  • 下記のURLからデータをダウンロード

GitHub - kyubuns/OnionRingUnity: Auto 9 slice sprite generator

  • 解説はこちら

qiita.com

導入方法

そのままサンプルを試してみても良いのですが、先に自分用に少し変更します。

(※ちなみにUnityを開いてから、命名や階層を変更するとなぜかうまく動かなくなりました。)

  • OnionRing.csOnionRingSampleImporter.csはエディタースクリプトなので、Editorフォルダに入れます。

f:id:min0124:20171020155541p:plain

  • 出力元(In)、出力先(Out)のフォルダを作成

  • OnionRingSampleImporter.csを開いて、出力元、出力先のパスを変更

ついでにOnionRingImporter.csという名前に変更します。

  • Unityを起動します。

  • Inフォルダに、9スライス用の画像に変換したい画像を入れると、Outフォルダに生成されます。

f:id:min0124:20171020160226p:plain

テスト

自動でスライスの設定もされているので、調整は簡単です。

f:id:min0124:20171020160338p:plain