【Unity】スプライトパッカー(SpritePacker)の作成方法

uGUI-Sprite-Packer

前回、Unity2017のスプライトアトラスのやり方を書きましたが

【Unity】スプライトアトラス(Sprite Atlas)の作成方法 - CGメソッド

Unity 5系のスプライトパッカーの作成方法も調べてみました。

SpritePackerの有効

Edi>Project Settings>Editorで

Enabled for BuildsまたはAlways Enabled(推奨)にします

f:id:min0124:20171121225407p:plain

Packing Tagを入れる

パッキングしたいスプライトを選択して、 Packing Tagに名前を入れます

f:id:min0124:20171121225546p:plain

パックする

Window>Sprite Packerを起動

Enabled for Buildsの場合はここで左上のPackボタンを押すとパッキングされます。

逆に、Always Enabledした場合はPackボタンを押さなくてもパッキングされます。

f:id:min0124:20171121225910p:plain

再生してBatchesに比較

画像を並べて、再生します。

f:id:min0124:20171121230138p:plain

パッキングしない場合 Batchesは7

f:id:min0124:20171121230143p:plain

パッキングした場合 Batchesは2

パッキングでまとめた画像の場所

Library>AtlasCacheの中に生成されます。

f:id:min0124:20171121230325p:plain

注意点

パッキングする画像はResourcesに入れないこと!

「Resourcesは単一のアセットを取り出す機能なので、Resourcesに含めたアセットはパックされない」

【Unity】SpritePackerとResourcesについて - テラシュールブログ

便利なエディタースクリプト

下記のURLで紹介されているスクリプトを使用すると、自動でタグ付け&パッキングされるようになります。

  • Editorフォルダを作成して、SpritePostprocessor.csを入れる

  • Spriteフォルダを作成して、画像を入れる。→設定したスプライトの設定に

  • ヒエラルキーに画像をいれると自動で自動でタグ付け&パッキング下状態に

Sprite Packerの設定を自動で行う【Unity】【エディタ拡張】 - (:3[kanのメモ帳]

参考

【Unity】SpritePackerで自動パッキング | 未知の路