【Maya】全身3Dスキャンしたデータを5分でセットアップする方法

maya-setup-3d-scan-model

全身3Dスキャンしてきたので、それに関するメモ。

セットアップは無料のBlender+Mixamoが定番みたいですが、Mayaのクイックリグでサクッとできました。

スポンサーリンク

人体の3Dスキャンについてのメモ

  • Tスタンスは範囲が広くなりすぎて撮りきれないので、Aスタンス推奨

  • 真っ黒、真っ白な面は、上手く形がとれない、破損する

  • 指は全て超広げること、ポリゴンがくっつくと面倒

  • 人体が歪んでる人は誰かに見てもらって、まっすぐになるように矯正した方が良いかも。

  • 撮影は一瞬だが、データ処理で数十分待つことになる。(Sample.objというデータと定義します)

スポンサーリンク

MAYAのインストール

  • まずMAYAの体験版をインストール。アカウントの登録などあるので数十分かかります。。。

Maya 2018 のダウンロード | 無償体験版 | オートデスク

スポンサーリンク

人体データの位置・回転・スケールの調整(1分)

  • Sample.objをMAYAにドラッグ&ドロップ。サイズも小さく正面を向いていません。

f:id:min0124:20180226204922p:plain

  • ショートカットW(移動)E(回転)R(スケール)でモデルを正面立たせ、身長も合わせます。(身長サイズの板ポリを置くと合わせやすいです)

f:id:min0124:20180226205823p:plain

  • 最後にモデルを選択して、Modify>Freeze Transformationsをかけて数値を綺麗にします。
スポンサーリンク

人体データのセットアップ(4分)

  • プルダウンをRiggingにして、Skelton>QuickRigを選択。メニューが表示されます。

f:id:min0124:20180226210348p:plain

  • Characterの横の+ボタンを押して、モデルを選択して1)Geometryの+ボタン、続けざま2)GeometryのCreate/Updateボタンを押して、ガイドを作成します。

f:id:min0124:20180226210617p:plain

  • 丸いガイドをそれぞれ、近しい部位の骨の位置に調整してやります。(手首や腕、肘、腕の関節などモデルの造形を見ながら位置調整)

f:id:min0124:20180226211222p:plain

  • 配置が終わったら、4)Skeleton and SettingsのCreate/Updateボタンを押して、続けて5)SkinningのCreate/Updateボタンを押します。

f:id:min0124:20180226212609p:plain

以上で、HumanIKのセットアップが完了です。

f:id:min0124:20180226213302p:plain

  • あとはモデルを選択し、File>Export SelectionからFBXで書き出してやれば、Unity等で使用することができます。

f:id:min0124:20180226213931p:plain

  • ちなみにAスタンスからの自動セットアップなので、特に脇のウェイトが上手くいかないです。この部分が気になる場合は、ウェイト調整が必要になります(時間かかります)

そこまで腕を上げるモーションでなければ、そのままでも酷い見た目にはなりません。

スポンサーリンク

まとめ

クイックリグはAスタンスにも対応できるので、簡易セットアップには本当に便利です。

しかもHumanIKなので、リターゲットで他のモーションも簡単に流用できます。

あとの課題はポリゴン数(今回のモデルは△約50万ポリゴン)で、ZRemesher等で自動リトポしてから今回の手順を踏むと、モバイルでも使えて、調整しやすいデータになります。

スポンサーリンク

HumanIKの参考

【Maya】HumanIKのセットアップ方法 – CGメソッド

【Maya】HumanIKへモーションデータを流用する方法(リターゲット) – CGメソッド

Maya
スポンサーリンク
すいみんをフォローする



CGメソッド

コメント