Photoshop

【Photoshop】イラレからフォトショップへシェイプに変換する方法

illustrator-to-photoshop-shape-convert

イラレで作ったデータをフォトショップに持ってくると、ディティールのアンチエイリアスが汚すぎて嫌になることがあります。

形によっては、アンチをかけない等で回避できるのですが、円形と矩形が複合していたりすると、そうもいかないのでシェイプに変換する方法を試してみました。

【Photoshop】イラレからフォトショップへコピーするときにアンチエイリアスをかけない方法 – CGメソッド

イラストレーターのデータ

f:id:min0124:20180114235503p:plain

このようなデータを作成

フォトショップにスマートオブジェクトで貼り付け

まずはそのままイラレからコピペして、スマートオブジェクトで貼り付けてみます。

f:id:min0124:20180114235824p:plain

細かいのですが矩形は不必要なアンチが入ってしまいます。

また円の形もアンチエイリアスのかかり方が汚いです。

フォトショップにシェイプで貼り付け

イラレからコピペでシェイプを選択して貼り付けます。

f:id:min0124:20180115000023p:plain

このような状態に。

パス選択にして、丸だけを選択してCtrl+Xで切り取ります。

パスウインドウで新規パスを制作して貼り付け

f:id:min0124:20180115000231p:plain

パスを選択して、レイヤー>新規塗りつぶしレイヤー>ベタ塗りを作成。シェイプが作成されます。丸と四角それぞれシェイプ化。

f:id:min0124:20180115000345p:plain

シェイプなので、矩形にむだなアンチエイリアスがなく、円もスマートオブジェクトより微妙にきれいな状態で表示されます。

f:id:min0124:20180115000402p:plain

まとめ

そもそもはじめからPhotoshopで作成すれば良いのですが、

複雑な図形をパスで描くのはイラストレーターが適しているので、どうにか綺麗な状態で持っていけるのか試してみました。

シェイプ化は手間はかかりますし、図形の修正はイラレですぐにできないので、まだまだ課題は多いです。

ABOUT ME
すいみん
名前:すいみん 東京在住のデザイナー DTP・映像・3D・プログラミングまで、 なんでも自分で試して作ることが好きです。 ブログはその備忘録です。