【Blog】お試しでWordPressを導入する方法

blog-wordpress-install

はてなブログProの期限も今秋まで。

なのでWordPressへの移行のことも検討して、無料で試験導入してみました。

スポンサーリンク

レンタルサーバーの選択

無料・ローカルでもWordPressを導入できるのですが、できるだけ本番を想定した形にしてみました。



ということでエックスサーバーを選択。14日無料!

  • 通常のエックスサーバー
  • ワードプレスに特化したwpxレンタルサーバー
  • ワードプレスに特化したwpxクラウド

と今回の目的にあったプランは3種類あるようです。

WordPress特化のレンタルサーバー&クラウドサービス wpXサービス比較ページ

14日の検証時間が足りないことも考慮して、1サイト限定ながら初期費用0円、月額500円のwpXクラウドにしてみました。

スポンサーリンク

wpxクラウドの導入方法

エックスサーバーのサイトにアクセスして、会員登録。要メールアドレス

②登録完了のメールアドレスから管理画面へ

f:id:min0124:20180407142025p:plain

③左メニューからワードプレスの新規インストールを押して、各種登録

f:id:min0124:20180407142121p:plain

独自ドメインを登録しなくても、URLが発行される。(あとで独自ドメインを追加することも可能)

https://<自分で登録URL>.wp-x.jp/

④インストール完了したら10分ほど待
ってからURLにアクセスして、表示されたら完了です。

f:id:min0124:20180407142245p:plain

スポンサーリンク

ワードプレスのテーマ「Cocoon」のインストール

まだベータ版ですが、すごく良さそうだったのでこちらのテーマをインストールしました。

①下記のURLにアクセスして、メールアドレスを登録。完了すればダウンロード画面にダウンロードボタンが点灯します。

Cocoon フォーラム | Cocoon

②ダウンロードページから親と子のテーマをダウンロード

  • cocoon-master-バージョン.zip
  • cocoon-child-master-バージョン.zip

⑤ ワードプレス側の管理画面にアクセス

f:id:min0124:20180407142739p:plain

※パスワードが未設定だったので、登録してからログイン

④テーマのインストール

外観>テーマを追加からcocoon-master-バージョン.zipを選択してインストール

つづいて、テーマを追加から cocoon-child-master-バージョン.zipを選択してインストール

最後に有効化ボタンを押せば、テーマのインストール完了

f:id:min0124:20180407143322p:plain

f:id:min0124:20180407143329p:plain

スポンサーリンク

メンテナンスモードに

検証用なので検索に引っかからないように設定します。

①プラグインから「WP Maintenance Mode」を検索してインストール

f:id:min0124:20180407144832p:plain

②インストール後「設定」をおして「有効化」にチェック

f:id:min0124:20180407144858p:plain

f:id:min0124:20180407144906p:plain

以上でメンテナンスモードになります。

スポンサーリンク

支払い期限が過ぎた場合

凍結してワードプレスが表示されなくなりますが、支払いをすませんば再び再開できます。

スポンサーリンク

まとめ

WordPress専用のレンタルサーバーとあって導入がすんなりできました。

あとはどのくらい移行コストがかかるのか検証していきたいと思います。

Blog
スポンサーリンク
すいみんをフォローする



CGメソッド

コメント