MENU

【Unity】スプライトアトラス(Sprite Atlas)の作成方法

Unity-SpriteAtlas

Unity2017をインストールしたので、Sprite Atlasを試してみました。

感想としては、すごく簡単でわかりやすいです!

SpriteAtlasの特徴

  • パッキングするので、再生時、描画回数(Batchse)が減る(SetPass calls)

  • Resourcesでも使用できる(以前のSpritePackerはResources内では使えず)

※SpriteAtlasだけResources入れること(重複防止)

SpriteAtlasの設定

f:id:min0124:20171020212747p:plain

  • Edit>Project Settings>Editorを開き、Always Enabled(パックを常に有効)に

SpriteAtlasの作り方

f:id:min0124:20171020213042p:plain

f:id:min0124:20171020214155p:plain

  • Projectウインドウで右クリック>Create>Sprite Atlasを選択

  • 生成されたSprite Atlasを選択

  • Texture>Filetr ModeをPointに

  • 下側にあるのObject for Packingの+ボタンをクリック

  • パッキングしたいフォルダを選択

  • Pack Previewボタンを選択して、パッキング

f:id:min0124:20171020214423p:plain

参考

Sprite Atlasの作り方 - Qiita

Spriteをパックする新しい仕組み、SpriteAtlasを使ってみた【Unity】 - (:3[kanのメモ帳]

【Unity】Unity 2017の新しいスプライトをパッキングする仕組み、”SpriteAtlas”について - テラシュールブログ