MENU

【Photoshop】テンプレートから文字や画像を差し替えて、大量にデータを作成する方法

f:id:min0124:20160828093050p:plain

標準機能データセットを使います。

テキストや表示、画像を変数を定めることで、CSVの入力内容を読み込んで大量にデータを作成することが出来ます。

基本的なやり方(テキストの差し替え方法)

テンプレートの作成

f:id:min0124:20170707073934p:plain

まずは適当に文字を入力して、テンプレートを作成します。

出力するファイル名をIDにしたいので、IDという名前の透明なテキストも作成します。

変数の定義

イメージ>変数>定義を選択します。

f:id:min0124:20170707074329p:plain

文字入力のレイヤーを選択して、

  • テキストの置き換えにチェック

  • 名前をtextに

します。

同様にIDもidという変数に定義しておきます。

CSVデータの作成

エクセルを開きます。

  • 1列目に項目(変数)

  • 2列目以降は、入力したい文字を入力します。

f:id:min0124:20170707074903p:plain

最後にCSVで保存。

データセットする

イメージ>変数>データセットを選択します。

  • ダイアログから読み込みを選択。

  • ファイルを選択から保存したCSVを指定

  • 最初の列をデータセット名として使用にチェック

f:id:min0124:20170707075314p:plain

エクセルを閉じて、OKボタンを押します。

※ 閉じないと警告(要求された操作を完了できません。別のアプリケーションでファイルが使用中か、開いています。)が出ます。

CSVデータが読み込まれます。

f:id:min0124:20170707075739p:plain

プレビューにチェックを入れて、データセットを切り替えながら、中身を確認します。

f:id:min0124:20170707080003p:plain

データの大量生成

ファイル>書き出し>データセットからファイルを書き出しを選択。

f:id:min0124:20170707080509p:plain

  • 保存先を選択

  • ファイル名はIDのみにしたいので、データセットのみに

f:id:min0124:20170707080635p:plain

OKボタンを押すと、データセットの数だけPSDデータが生成されます。

f:id:min0124:20170707081009p:plain

表示のON/OFF

テンプレートの作成

下記のようなテンプレートを用意。

AとBのレイヤー表示を_ON/OFFします。

[f:id:min0124:20170708104849p:plain

変数の設定

  • 表示にチェック

  • 変数名を入力

f:id:min0124:20170708104926p:plain

CSVの作成

f:id:min0124:20170708105053p:plain

エクセルを閉じて、イメージ>変数>データセットからCSVを読み込みます。

※定義した変数とCSVの項目数が一致してない場合は下記のようなエラーが出る場合ファイルの内容をデータセットとして解析出来ませんでした。テキストファイルの最初の行に変数名が多すぎます。がでます。

データが読み込まれます。最後にプレビューで確認。

f:id:min0124:20170708105517p:plain

画像の差し替え

テンプレートの作成

下記のようなテンプレートを用意。

A(friends_school.png)とB(friends_man_woman.png)の画像を用意します。

f:id:min0124:20170708111905p:plain

変数の設定

  • 画像の置き換えにチェック

  • 変数名を入力

f:id:min0124:20170708112133p:plain

※スマートオブジェクトでは画像の置き換えはできないので、ラスタライズしておきます。

CSVの作成

f:id:min0124:20170708113148p:plain

ちなみに画像データはフォルダにまとめましたのでパスは

images/picture.png というような感じで指定。

f:id:min0124:20170708113244p:plain

最後にCSVを読み込み、確認します。

f:id:min0124:20170708113414p:plain

複数のPSDデータからJPGやPNGを出力する方法

データセットからファイルを書き出しはPSD出力なので、さらにイメージプロセッサー機能で画像を出力します。

参考