【AfterEffects】カメラマッピングのやり方

f:id:min0124:20160828093051p:plain

AEでカメラマッピングできないか調べてみましたら、チュートリアル見つけましたので試してみました。

www.videocopilot.net

少し手間ですが、結構面白いのでどこかで使ってみたい表現です。

使う機能について

3Dレイヤーにして、ライトを置き、『シャドウを落とす』をオンにすれば、影が落ちるようになります。

この時に『ライト透過』を100%にすると黒い影ではなく画像自身が投影(プロジェクション)されるようになります。

この機能を使用してカメラマッピングをします。

参考

ゲームエフェクトデザイナーのブログ(旧) | VIDEO COPILOT チュートリアル37

やり方

  • 背景画像とライト(ポイントライト・シャドウをオン)とカメラを作成。

  • 白平面(床)を作成。背景画像と平面は3Dレイヤーに

  • カメラ、ライト、背景画像の位置をすべて同じにする。

  • AAを2回押して、マテリアルオプションを設定

<背景画像>

シャドウを落とす → 効果のみ

ライト透過 → 100%

<白平面(床)>

ライトを受ける → オフ

  • 白平面(床)Z位置を調整して、画像が投影されていることを確認(※白平面(床)とカメラ位置が同じだと投影できない)そこから更にスケールを調整してコンポジション似合わせる

  • 白平面(床)にエフェクト『グリッド』を適用し、方向や位置、スケールを調整して背景画像の床面とパースを合わせる

  • 白平面(床)を2つ複製して、方向Y90度に回転して、左右の壁位置とあわせる。最後に3つの平面のスケールを動かして奥行きを調整(左右と床の位置が合わないとカメラアニメーションがずれてしまう。)

f:id:min0124:20160922201440j:plain

  • もう一つ白平面(床)を複製し、トランスフォームをリセット。トップビュー表示から左右と床の奥行きの終わりの位置まで移動させる

f:id:min0124:20160922201452j:plain

  • 最後に微調整(※4つの白平面の奥行きはすべて揃えた状態にすること)してカメラアニメーションをつける

f:id:min0124:20160922201500g:plainf:id:min0124:20160922201505g:plain