【VFX】撮影現場を再現するための素材について

歩いている時に、学生さんがカラーチャートなど置いて屋外で撮影していたのを見て。

今は仕事では実写合成はやらないのですが、機会があればVRなどでHDRI、カラーチャート、シルバーボール、グレーボールの素材を撮影して、より現場を再現した映像を制作してみたいとは思っています。

その撮影現場を再現するための素材について調べてみました。

グレーボール

反射率18%グレーボールを撮影することで適正露出の参考値、ライティングの光源、影の参考としての素材になります。

反射率18%(中間グレー)というのは露出の基準値らしく、CG上ではリニア環境でレンダリングした、Diffuse18%の球体になります。

色を合わせることが目的ではないので注意。

ちなみに要自作。

参考

CGcompo グレーボールについて考える。そして作る!

CGcompo 続・グレーボールについて考える

グレーカード

反射率18%(中間グレー)のカード。撮影時の露出合わせに。

参考

グレーカードを持ち運ぶ最強の方法・デジカメのホワイトバランス・露出合わせに便利

カラーチャート

別名マクベスチャート。

正しい色で再現されているか確認できる。実写合成をするとき非常に重要な素材。

参考

第42回:今のカラマネ設定は正しいか? チェックツールの作成方法 1 | PERCH長尾の知っ得!デザインビズ必読ポイント! | AREA JAPAN

yamagishi - 2bit-BLog: VFXワークフロー 色合わせ Color Matching

シルバーボール

別名ミラーボール、リフレクションボール、銀玉など。

反射素材用としてはHDRIがあれば代用可ですが、HDRIの位置合わせだったり、ライティングの参考の為の素材に。

参考

CGcompo HDRI画像を作ってIBL~

HDRI

Image Based Lightingという手法を用いて高精細なレンダリングを実現する。

最近は全天球カメラなどでているので、比較的簡単に素材を作成できそう。

参考

360度カメラRICOH THETA SがHDR合成に対応。実際に撮影して比較 | Mogura VR - 国内外のVR/AR/MR最新情報

CGcompo RICOH THETAでHDRI

CGcompo 自主制作のための簡易HDRIの作成

撮影現場を再現するHDRIを用いたライティング技法(白組×映画『寄生獣』&『寄生獣 完結編』) | 特集 | CGWORLD.jp

その他参考

グレーバランス調整方法 - Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

ヘキサ日記 | HEXADRIVE | スタッフが綴る、ヘキサなあれこれ