MENU

【Live2D】テンプレート適用機能の使い方

f:id:min0124:20160828115924p:plain

Live2dのテンプレート適用機能。

モデリングが慣れてきたら、いずれ使ってみようと思っていたのですが、どうも勘違いしていたようです。

実際使ってみると初期設定部分で凄く手間が省けそうなので、もっと早くから使っていればよかったです。。。

やり方

1 テンプレート適用

  • ファイル>テンプレート適用

今回はLive2dの勉強に使った書籍についていたデータを使用。絵が凄くかわいいです。

f:id:min0124:20160715081243j:plain

2 テンプレートモデルの選択

  • 同じ向きのイラストを選択。

f:id:min0124:20160715081246j:plain

3 サイズ調整

  • Fキーで点滅を止める。

  • テンプレートを選択して、左ドラッグで移動、右ドラッグで拡縮できる

  • 右クリック位置が中心となるのでアゴの位置を合わせて、スケールを調整

  • 頭に@が付いているパラメーターをいじって、顔パーツの位置を微調整

  • 終わったらテンプレート適用プレビューボタンを押す

f:id:min0124:20160715081248j:plain

4 パーツの適用調整

  • 動きを見ながら適用が間違っているパーツを探す

  • Fキーでアニメーションをストップ

  • 互いにあっているパーツ選択して、『選択要素を対応付け』(ショートカットはSキー)する

  • OKボタンを押して終了(ちなみに再度テンプレート適用すると、続きから編集できました。※推奨されていません)

f:id:min0124:20160715081250j:plain

5 手動調整

f:id:min0124:20160715081253g:plain

  • 上記の画像の通り、大きくは追従しているものの、細部はおかしいので修正していく。

参考

05. テンプレート機能 - Live2D Cubism 2 マニュアル

www.shoeisha.co.jp