MENU

【Live2D】PSDデータのインポートついて

f:id:min0124:20160828115924p:plain

Photoshopでパーツ分けしたPSDデータをLive2D(Cubism Modeler)へ持ってくるときのメモ

想像した以上にPSDデータの差し替え・追加がお手軽なのが良いです。

PSDデータのインポートついて

PSDのデータ整理

インポート方法

Cubism Modelerに直接ドラッグ&ドロップ

または『ファイル>PSDファイルをインポート』

  • 乗算などは適応されないので注意。再度手動で設定

  • 不透明度も適応されないので注意。再度手動で設定

取り込む時の推奨値

f:id:min0124:20160707000051p:plain

画像リンク&参考

#02 PSDをインポートしよう - Live2D Cubism 2 マニュアル

ポリゴンが欠ける不具合

古いバージョンでは、取り込み時三角形のポリゴン欠けが発生する

PSDインポート時のポリゴン欠け不具合を改善しました! — Live2D コミュニティ

PSDデータの差し替え方法

再度、Cubism Modelerに直接ドラッグ&ドロップまたは『ファイル>PSDファイルをインポート』することで

塗り足したりパーツを差し替えたり、新しくパーツをお手軽に追加することができる。

f:id:min0124:20160706234811j:plain

※新規パーツの追加に関しての注意点

既存のパーツをレイアウトの都合上、全体移動などさせていると、新規パーツは当然ながら既存のものと位置がずれる。

構図などPSD側でバッチリ決めておくと、差し替えが簡単。

または下絵を入れておいて、追加パーツの位置を調整してやる

02. PSDの再インポート - Live2D Cubism 2 マニュアル

テンプレート化

同じような仕様であれば、簡単にパーツの差し替えできるので、(デフォーマーのセットアップなど丁寧にデータを作っておくと、2体目を作る時にテンプレートとして使え手間が省けそう。