MENU

【CINEMA 4D】CINEMA 4D Liteのチュートリアル

Adobe After Effects CCについている制限版のCINEMA 4D Liteはポリゴンに対してのモデリングができないということで、ちょっと興味を無くしていたのですが、それでもAEの表現の幅が増えるかと思いまして、公式のチュートリアルをやってみました。

www.maxonjapan.jp

CINEMA 4D Lite 基礎チュートリアル

1.C4Dでロゴ作成

  • スプラインアイコンからテキスト
  • 文字単位に分離にチェック
  • 右クリックから『編集可能にする』 ※ショートカットはC
  • 文字を全て選択してメッシュ>軸を中心>軸を中心に
  • Altを押しならが『押し出し』※自動的に押し出しノードが親になる
  • 押し出しをすべて選択して、オブジェクト>押し出し量を調整、キャップ>開始と終了の両方をを『キャップとフィレット』に変更

2.ロゴアニメーション

  • カメラ作成
  • 選択してCtrlを押しながらクリックでキーが打てる
  • 右クリックからアニメーション>トラックの削除でキーを消せる
  • MOGRAPH>破砕を作成して、文字オブジェクトの親に
  • MOGRAPH>エフェクタ>簡易を作成。文字位置を調整する
  • 簡易>パラメーター>減衰>線形、減衰関数を『3乗に反比例』に
  • 簡易を動かすことで文字ごとにアニメションがつく
  • 破砕を選択して、MOGRAPH>エフェクタ>ランダム
  • パラメーター>位置のチェックを切って角度をON、減衰のサイズを調整、減衰関数を『3乗に反比例』に

3.テクスチャとライティング

  • 下のウインドウから作成>新規マテリアル
  • 反射>追加>鏡面反射(レガシー)
  • テクスチャ>フレネルを選択して、白黒のグラデーションを反転
  • マテリアルを破砕の文字の上へドラッグしてアサイン
  • ライト作成、シャドウマップをONに
  • レンダリングインタラクティブレンダーで確認
  • マテリアルをCtrl押しならがドラッグで複製。
  • 破砕に追加、『選択範囲の限定』のところをC1と入力。文字中央は別のマテリアルになる

4.背景の作成

  • 立方体とヌルを作成、ヌルを親に
  • ヌルを選択してインスタンス
  • らせんを作成
  • ツール>オブジェクト配列>複製、複製数を決め、『スプラインに沿って』にを選択してらせんをアサイン、適用(※ヌル インスタンスのコピーが作成される)
  • ヌル表示が邪魔なのでさらに親にヌルを作成して、表示が見えないように調整
  • ヌルのなかの立方体を調整
  • 円柱を作成、
  • マテリアル作成、立方体と円柱にアサイン
  • ヌル インスタンスのコピーを選択してインスタンス。奥行きを足してやる

5.カメラとキーフレーム

  • カメラを作成(デプス素材用に焦点オブジェクトを入力しておく)、アニメーション作成
  • ウインドウ>タイムラインを開く、カーブを調整したい項目を展開して調整。(キーの場所を見失ったら右クリック>全体を表示)

6.AEとの連携について

  • 破砕のオブジェクト選択>右クリック>CINEMA4Dタグ>外部コンポジット
  • オブジェクトバッファを選択してバッファID1のところをチェック
  • 生成されたコンポジットアイコンをダブルクリック 子オブジェクトにチェック(※Extractでオブジェクトのヌルを出力する場合)
  • レンダリング設定を開く
  • 出力 960*540pixel・フレームレート30・フレームレンジ 全てのフレーム
  • マルチパスを選択してマルチパスボタンを押して、オブジェクトバッファを選択、グループIDを1にする
  • さらにマルチパスボタンからモーションベクターとデプスを追加
  • アンチエイリアス 普段はジオメトリだが、本番はベストを推奨
  • 保存
  • AEへ
  • CINEWARE>RendererをFinalにすると本番環境に
  • CINEWARE>Extractを押すとカメラやライト、オブジェクトの位置を示すヌルなどが出力される(※CINEMA 4D 編集>汎用変換用にポリゴン(Melange)を保存にチェックしておくこと)

7.AEでエフェクトを追加

  • 調整レイヤーを作成
  • Magic Bullet Looksから好きな画を選択してさらにEdge Softnessを追加
  • CINEWARE>Defined Multi-Passesで要素を出力
  • 文字だけの素材を作成(マット・ルミナンス)
  • Shineで文字部分にエフェクトを加算にして追加

8.CINEWARE proxyについて

  • CINEWARE Proxy(有料)をつかってプロキシー作成することを推奨 BG Renderも推奨
  • モーションベクター素材はRSMB Pro Vectersを使って調整
  • デプス素材はFL Depth Of Field(Lenscare)を使って調整

感想

  • デフォルトのレンダリング設定が重いのか、FINALはAEで表示激重。リアル系はCINEWARE Proxy(有料)は必須かも。
  • 全てのオブジェクトはヌルで出力できるので、カメラアニメーションをつけるためだけにC4D使っても良いかもしれない。
  • モデリングができたら、さらに良いです。。。。

その他のチュートリアル

こちらは制限版ではなく通常版のチュートリアル

www.maxonjapan.jp

www.maxonjapan.jp

www.maxonjapan.jp