MENU

【AfterEffects】チュートリアル紹介1

AEのカンを取り戻すまでネットにアップされているチュートリアルをひたすらやることにしました。

本日はこちら『kitchens.film』、ポイントを絞っているので極短時間でさくっと作れます。

www.youtube.com

01 テキストに影をつけて動かす

  • テキストをベベルアルファで押し出して、複数コピーして重ねて厚みを出す。

カメラでグリグリ遊んでいたら、いつのかにか違うカメラになって背景が表示されなくなっていました。そういった時はカメラの状態の確認(ESCキーでカメラの切り替え)をお忘れなく。

f:id:min0124:20160608195803j:plain

02 映像にテキストを追従させる モーショントラッキング

パス

03 線を使った手書き風アニメーション

  • 文字素材はブラシでペイント
  • エフェクト>線をかけて、パスで文字をなぞってマスク制作
  • 『すべてのマスク』を選んで、マスクを微調整
  • 『元のイメージを表示』にして『終了』にキーを打ってアニメーションを作成

f:id:min0124:20160608195841g:plain

04 3枚の画像をループさせるアニメーション

  • ループさせるたい画像を並べてプリコン
  • イムリマップにエクスプレッションを追加。Property>loopOut(type = "cycle", numKeyframes = 0)を選択 ※()の中の文字は消してもOK。本来ならループさせたいキーを選択して、かけるエクスプレッション)

f:id:min0124:20160608195852g:plain

05 ファイルの読み込みからレンダリングまで

パス

06 テキストアニメーション1文字ずつ表示させる

  • テキストを打ち、アニメーターアイコンからスケールを選択して、項目を追加
  • アニメーター>範囲セレクター>スケールを0に
  • アニメーター>範囲セレクター>開始にキーを打つ(一文字づつ文字が現れるようになる)
  • 高度>イーズ でアニメーション調整
  • なめらか100%→0%で文字がいきなり出てくるように

f:id:min0124:20160608203238g:plain

タイプライター風テキストアニメーション

07 テキストをスイングさせる

紹介されていたエクスプレッションがうまく動かなかったのでこちらをコピペ。

amp,freq,decayの三箇所で揺れ幅を調整

n = 0;
if (numKeys > 0) {
n = nearestKey(time).index;
if (key(n).time > time){
n--;
}
}
if (n == 0) {
t = 0;
} else {
t = time - key(n).time;
}
if (n > 0){
v = velocityAtTime(key(n).time - thisComp.frameDuration/10);
amp = 8;
freq = 1.5;
decay = 2.0;
value + (v/100)*amp*Math.sin(freq*t*2*Math.PI)/Math.exp(decay*t);
}else{
value;
}

f:id:min0124:20160608201344g:plain

08 カラーグレーディングとフィルムグレイン 映画風な質感を作る

  • カラー補正>色合い>色合いの量50%
  • カラー補正>トーンカーブで各RGBのチャンネルを調節して、画面の色調をつくる
  • カラー補正> 硬度&コントラストでコントラストを強める
  • フィルムグレイン(フィルムで撮影された動画の質感)の素材を配置して(オーバーレイ)、コントラストを調整

09 テキストを不規則に動かす エクスプレッションwiggle

  • 文字打ち、カメラとヌルを作成、3Dアイコンをつけて、カメラをヌルに関連付け、位置のストップウオッチをCtrl+Alt+Clickを押してエクスプレッションを追加
  • wiggle(50,30)を入力(1秒間の回数,揺れ幅)
  • テキストのモーションブラーボタンにチェック(右上のモーションブラーアイコンもオンに)
  • エフェクト>スライダー制御
  • エクスプレッションの 揺れ幅30を選択した状態でグルグルマーク (ピックウイップマーク)をスライダー制御のスライダーに関連付け
  • スライダーにキーを打って、徐々に揺れ幅が大きくする

f:id:min0124:20160608203314g:plain

10 テキストを手前の人形の後ろへ

パス