MENU

【Live2D】Live2DモデルをAdobe After Effects(CS6・Cubism 2.0以前)へコンバートする方法

f:id:min0124:20160828115924p:plain

Live2DからAdobe After Effectsへコンバートを試してみました。

※ 追記

バージョンアップされましてCubism 2.1にもAdobe After EffectsCC2015にも対応されました。

min.hatenablog.jp

プラグイン

下記からプラグインをダウンロードできます。

After Effects プラグイン - Live2D Cubism 2 マニュアル

注意点

下記のことに注意しないとAEが強制終了することがあります。

  • After Effects CC 2015で開こうとする(未対応)

  • ファイルのパス(保存場所)に日本語が含まれている。

  • 書き出しバージョンが SDK2.1(SDK2.0だと安定)

書き出し方法

  1. ファイル > mocファイル書き出し

  2. SDKのバージョンを2.0、すべてのチェックを外して、OKボタン

  3. AEを起動(CC 2015はまだ未対応なのでCC 2014以下のバージョンを起動)

  4. 新規コンポと平面を作り、平面にエフェクト>Live2D>Live2D Loderをクリック

  5. Load.mocボタンをクリック

  6. Modelに.mocのデータを選択、Texture(s)はテクスチャデータ(複数可能)を選択

詳しくは

After Effects プラグイン - Live2D Cubism 2 マニュアル

備考

  • インポートされたデータはパーツ単位での選択やパーツの表示ON/OFFはできない。あらかじめパラメータに仕込む必要がある。